“オスカー受賞”ユン・ヨジョン、“ブラッド・ピットの匂い”に関する質問にも余裕の受け答え=現地の映画ファンも称賛


「第93回アカデミー賞」で助演女優賞を受賞した韓国女優ユン・ヨジョン(73)が記者の“驚愕”質問にも特有の才知で受け答えするようすが、映画ファンの間で話題となっている。

去る25日(現地時間)、米メディア「Variety」がSNSにユン・ヨジョンのバックステージインタビュー映像を投稿。公開から5時間ほどで300以上のコメントが寄せられた。コメントのほとんどが俳優ブラッド・ピット(57)の“匂い”に関する質問の非難で、ユン・ヨジョンの回答に関しては称賛する内容だった。

ネットユーザーらは「優れた女優に質問する機会なのに、ブラッド・ピットに集中していたなんて、学校に行って勉強しなおせ」、「韓国で最も重要な女優が目の前にいるのに、あの質問はどうやって決定したのか」、「他の受賞者にも同じくプレゼンターの匂いを問う質問があったか」、「アジア人を白人と接したことのないエイリアンのように扱う方式だ。恥ずかしい。改善する必要がある」、「無礼な質問だ。だが、彼女の反応は完ぺきだ」、「韓国女性として初めて受賞した女優の成就を軽く見る質問」などの声が相次いだ。

ユン・ヨジョンは授賞式の舞台裏であるメディアから「プレゼンター、ブラッド・ピットからどんな匂いがしたか(what Brad Pitt smelled like)」という質問を受けた。これに彼女は「わたしは彼の匂いを嗅いでいない(I didn‘t smell him)」とし、「わたしは犬ではない(I‘m not a dog)」と回答。無礼な質問にも笑顔を見せ余裕を忘れなかったユン・ヨジョンは「ブラッド・ピットはわたしにとってムービースターだ。だから信じられない」と感無量のようすだった。

ブラッド・ピットは映画「ミナリ」の制作会社の設立者でもある。ユン・ヨジョンは受賞後のスピーチで、「わたしたちが撮影しているとき(ブラッド・ピットは)どこにいたのでしょうか」などと述べ、会場の笑いを誘った。

WOW!Korea提供

2021.04.28

blank