BTS(防弾少年団)、4月の歌手ブランド評判1位…2位BraveGirls、3位IU


韓国企業評判研究所は、歌手ブランド評判2021年4月のビッグデータ分析結果、1位BTS(防弾少年団)、2位BraveGirls、3位IUの順で分析されたと24日、明らかにした。

韓国企業評判研究所は、2021年3月24日から2021年4月24日までの歌手ブランドビッグデータ124,486,232個を分析して、消費者のブランド参加、メディア、コミュニケーション、コミュニティの分析をした。 2021年3月の歌手ブランドビッグデータ121,949,584個より2.08%増加した。

歌手ブランド評判指数は、消費者に愛される音源をリリースしている歌手ブランドのビッグデータを抽出して、消費者の行動分析をして参加価値、コミュニケーション価値、メディア価値、コミュニティ価値で分類して肯定・否定比率の分析と、評判分析アルゴリズムを通じて分析された指標だ。 ブランド評判分析を通じてブランドに対して誰が、どこで、どのように、どれくらい、なぜ、話すかを知ることができる。

2021年4月の歌手ブランド評判30位までの順位は、BTS、BraveGirls、IU、イム・ヨンウン、SG WANNABE、ヨンタク、BLACKPINK、イ・チャンウォン、ロゼ(BLACKPINK)、カン・ダニエル、NCT、SEVENTEEN、キム・ヒジェ、ファサ(MAMAMOO)、チョン・ドンウォン、TWICE、GFRIEND、IZ*ONE、EXO、ソジョン(LADIES’ CODE)、Jessi、チャン・ミンホ、Red Velvetレ、MAMAMOO、ソン・ガイン、ベクヒョン(EXO)、(G)I-DOL、OH MY GIRL、ジョイ(Red Velvet)、テヨン(少女時代)の順で分析された。

1位のBTSブランドは、参加指数3,427,069、メディア指数2,262,950、コミュニケーション指数3,180,153、コミュニティ指数2,943,530で、ブランド評判指数11,813,702と分析された。 3月のブランド評判指数12,580,406と比較すると6.09%下落した。

2位のBraveGirlsブランドは、参加指数3,777,021、メディア指数1,173,398、コミュニケーション指数2,836,051、コミュニティ指数1,683,103で、ブランド評判指数9,469,573と分析された。 3月のブランド評判指数11,020,770と比較すると14.08%下落した。

3位のIUブランドは、参加指数2,687,795、メディア指数1,422,805、コミュニケーション指数2,904,038、コミュニティ指数1,432,189で、ブランド評判指数8,446,827と分析された。 3月のブランド評判指数8,460,932と比較すると0.17%下落した。

韓国企業評判研究所ク・チャンファン所長は「2021年4月の歌手ブランド評判分析結果、BTSブランドが1位を記録した。 歌手ブランドのカテゴリーを分析してみると、2021年3月の歌手ブランドビッグデータ121,949,584個より2.08%増加した。 細部分析を見ると、ブランド消費17.75%下落、ブランドイシュー18.22%上昇、ブランドコミュニケーション12.96%上昇、ブランド拡散4.78%上昇した」と、評判分析した。

引き続き「グローバルプラットホームに関心が高いBTSブランドが1位、ソーシャルメディアプラットホームでブームを起こしたBraveGirlsブランドが2位、音源プラットホームで粘り強い愛を受けているIUブランドが3位になった。 ファンクラブはブランドを育ててブランドとともに成長している」と、明らかにした。

韓国企業評判研究所は、ブランドビッグデータを分析してブランド評判の変化を把握している。

2021.04.24

blank