【ドラマがいいね!】『100日の郎君様』は王朝絵巻とラブストーリーが両立した時代劇だ!

写真=韓国tvN『100日の郎君様』公式サイトより

 

『100日の郎君様』では、EXOのD.O.(ディオ)として知られるド・ギョンスがとても印象的な演技を披露した。彼は時代劇で難しい所作も見事にこなし、主役としてドラマを見事に牽引した。

 

夫婦の役がユニークだ
『100日の郎君様』では、ド・ギョンスが朝鮮王朝の世子のイ・ユルに扮して、堂々たる演技を見せた。
ドラマの中でイ・ユルには暗い過去があった。
それがトラウマになってしまい、誰も信用できない性格になってしまった。
その暗い過去とは?

実は、子供の頃、イ・ユルは高官の娘であったユン・イソに惚れて結婚を申し込むほどだったが、彼女の父が陰謀にあって殺されてしまい、ユン・イソも行方不明になってしまった。その悲劇がイ・ユルの人生を劇的に変えた。
それから16年後、世子となったイ・ユルは悪徳高官に命を狙われるが、九死に一生を得て善良な村人に助けられる。しかし、記憶喪失になってしまう。
結局、ウォンドゥクとして身分を変えることになった。
そんなウォンドゥクの婚約者になったのがホンシムだった。

ナム・ジヒョンがピッタリの役柄を演じている。
ホンシムは未婚だったために結婚令に反して百叩きの刑罰を受けそうになったが、救世主として現れたのがウォンドゥクだった。
ここから、ドラマは大きく動いていく。
それにしても、ド・ギョンスとナム・ジヒョンが演じる夫婦の役がとてもユニークだ。この二人を中心にして展開がどのように変わっていくのか。
『100日の郎君様』というドラマは、華麗な王朝絵巻と情感的なラブストーリーという二つの見どころがある。そこをたっぷりと堪能しよう。

文=康 熙奉(カン・ヒボン)

『100日の郎君様』でド・ギョンスの演技が本当に楽しかった!

『100日の郎君様』のド・ギョンスのとぼけたダメ亭主ぶりがどうなるか

『100日の郎君様』のド・ギョンスの役がユニークだ!

『100日の郎君様』のド・ギョンスの演技に大注目!

ド・ギョンス(EXOディオ)主演『100日の郎君様』に出た美しい靴は?

 

コラム提供:ロコレ

http://syukakusha.com/

2021.03.24

blank