ジェイソン&ホン・ヒョンヒ夫婦、グリップフリックの販売売上金3,400万ウォン(約327万円)全額寄付


ジェイソン&ホン・ヒョンヒ夫婦がスマートフォンアクセサリーの売上金全額を寄付した。

社会福祉共同募金会(愛の実)側は19日「ジェイソン&ホン・ヒョンヒ夫婦がスマートフォンアクセサリーのグリップフリックに売上金全額の3400万ウォン(約327万円)を寄付した」と明かした。

ジェイソン&ホン・ヒョンヒ夫婦は数日前、個人収蔵用で制作したグリップフリックが多くの人々から関心が集まって、その収益金を全額寄付するという前提で12時間の間で販売を行った。これに計2663人が参加し、3400万ウォン(約327万円)の寄付金が集まった。

今回の寄付金は低所得家庭の生計費をはじめ、基礎医療福祉事業のために使われる。特に低所得家庭の70~80代の老人を対象に孤立過程を支援するなど、孤独死予防事業のために使われる予定だ。

ジェイソンは 社会福祉共同募金会(愛の実)側を通じて「個人収蔵用で制作したグリップフリックについて多くの方々から販売要請を受けました」と言い、「一人では困っていましたが、制作会社のiBURSTERとお笑い芸人のハ・ジュンスー、ウェブトゥーン作家のjemtoonをはじめとした皆様が共にしてくださったお陰で3400万ウォン(約327万円)を寄付することができた」と話した。

WOW!Korea提供

2021.03.19

blank