俳優ソル・ギョング、映画「玆山魚譜」…「実在の人物チョン・ヤクジョン役、プレッシャー」


韓国俳優ソル・ギョングが、実在の人物を演じることについてプレッシャーを感じると話した。

ソル・ギョングは18日午後、ソウルのCOEXメガボックスで行われた映画「玆山魚譜」(監督イ・ジュンイク)のマスコミ配給試写会及び記者懇談会で、「実在の人物、偉大な学者の名前を配役に書くことはプレッシャーになる」と話した。

続いて「ヤクジョンについて研究して勉強したというよりは、撮影現場である島に行った時に、監督、スタッフ、俳優たちと楽しもうという気持ちで入った」とし「時代劇が初めてなので、そこに来るまでのいくつかの過程があったが監督からよく似合っていると言っていただき、その言葉を信じて演じた」と説明した。

また、ソル・ギョングは初めて史劇に出演したことについて、「以前に何度かオファーがあったが、時代劇が難しいという話を聞いていて怖くて先送りしていたのが今になった」とし「年齢を重ねているからよかった、他の時代劇とは違って島で団結して撮影した」と明らかにした。

それとともに「面白く楽しい作業で、もう一回やっても大丈夫だ」と付け加えた。

一方、映画「玆山魚譜」は、今月31日に公開される。

WOW!Korea提供

2021.03.19

blank