「2PM」テギョン“「ヴィンチェンツォ」のチャン・ジュヌ、僕とシンクロ率高い”(動画あり)


tvNドラマ「ヴィンチェンツォ」で、チャン・ジュヌを熱演中の「2PM」のテギョンが「1st Look」の4月1週のカバーを飾った。

より一層成熟した姿が引き立つ彼は、グラビア撮影以後に進行されたインタビューで現在出演中のドラマ「ヴィンチェンツォ」に対する愛情と共に、この10年間の演技活動、そして準備中の「2PM」のアルバム作業まで多様な話を聞かせた。

テギョンは「初めて台本をもらった時、『これは僕がしなければ』と思うほど、ジュヌと実際の自分の姿の間のシンクロ率がとても高い。 でも、僕が考えたチャン・ジュヌはさまざまな面がある人物だった。 水とお湯を行き来する性格を持ったキャラクターなので、『このように表現すればちゃんと見えるかな?』と、悩んでディテール一つ一つに気をつかって撮影している。 今までしなかった演技とこの姿を、視聴者の方々がどのように受け入れられるのか気になる」と、話した。

引き続き、「作品を見る時、ストーリーがどのように流れるのか、その次にキャラクター的にどんな面を見せられるのかを見ます。 演技というもの自体が、僕にとって完全に違う姿を見せるよりは、僕が持っている姿でも、色々な部分をもう少し最大化して見せることだと思うので。 それで僕がする演技を見て、キャラクターが持った指向でも陥っている状況を一度にわかることができる演技をすれば良い。 その為に努力している」と、語った。

「2PM」のカムバックは、現在の進行中だ。 「今年カムバックすることができるかまだ未定だが、計画してはいる。 5年を超える空白があったから、どんな姿をお見せできるのか、メンバーたちと真剣に話し合っているので、もう少し待ってほしい」と伝えた。

テギョンのグラビアとインタビューは、3月18日発行されたマガジン「1st Look」の215号で会うことができる。



 

2021.03.18

blank