BTS(防弾少年団)ジミン、2月のボーイズグループ個人ブランド評判で不動の1位…2位はASTROチャ・ウヌ

グループBTS(防弾少年団)ジミンが、2月のボーイズグループ個人ブランド評判で、またも1位になった。

韓国企業評判研究所は、ボーイズグループ個人ブランド評判ビッグデータ分析のために、1月13日から2月13日までボーイズグループ個人653人のブランドビッグデータ1億1715万2545個を抽出、ブランド評判指数を分析した。

ブランド評判指数は、消費者のオンライン習慣がブランド消費に大きい影響を及ぼすということを探し出し、ブランドビッグデータ分析を通じて作られた指標だ。 ボーイズグループ個人ブランド評判の分析を通じて、ボーイズグループ個人ブランドに対する肯定・否定評価、メディア関心度、消費者の関心とコミュニケーション量を測定することができる。 ボーイズグループブランド評判分析には、ブランド影響力を測定したブランド価値評価分析とブランド評判モニターの定性評価も含んだ。

1位はBTSのジミンだった。 ジミンは参加指数76万678、メディア指数104万7425、コミュニケーション指数228万9078、コミュニティ指数295万4699で、ブランド評判指数705万1880と分析された。 2位はASTROのチャ・ウヌ、3位はBTSのV、4位はBTSのジョングク、5位はBTSのジンがランクインした。

ク・チャンファン韓国企業評判研究所所長は「ボーイズグループ個人ブランド評判1位を記録したBTSジミンブランドは、リンク分析で“絶賛する、参加する、告白する”が高く出てきたし、キーワード分析では“ARMY、Spotify、Instagram”が高く分析された」とし、「肯定・否定比率分析では、肯定比率89.20%と分析された」と、伝えた。

2021.02.13

blank