【時代劇が面白い】中宗の最期まで付き添ったチャングム!

『宮廷女官 チャングムの誓い』は、朝鮮王朝の11代王・中宗(チュンジョン)の統治時代に医女として活躍したチャングム(長今)が主人公になっていた。このチャングムは、中宗の最期まで診察と看病を続けていた。

 

中宗の病状
「朝鮮王朝実録」は朝鮮王朝の正式な歴史書だが、その中には中宗の「余の病状は医女(チャングム)が知っている」という言葉も載っている。チャングムは中宗に本当に信頼されていたのだ。
その「朝鮮王朝実録」にはチャングムの記述が10カ所ほど出てくるが、彼女の名が最後に登場したのは1544年10月29日だ。
「朝鮮王朝実録」では、次のように書かれている。

朝、医女のチャングムが内殿から出てきて言った。
「殿下がやっと便が通じて、とても気分がいいとおっしゃっておられます」
その後、(王は)薬房にこう指示されました。
「今、余の便通はいつもどおりだが、気力がまだ弱い。今、提調(チェジョ/役職名)、医員、医女の全員が来ているが、もう医員は宿直をやめて、提調も各自解散して帰っていい」
すると、提調がこう答えた。
「便通がいつもと同様とお聞きし、臣下の者たちはうれしいかぎりです。もしのどが渇くときは、生地黄(根の一種で解熱作用に優れている)を煎じて飲んだほうがよろしいでしょう。普段のようにお水を飲んではいけません。また、格別に養生されることをお勧めいたします」

以上が「朝鮮王朝実録」の記述だ。
先の「朝鮮王朝実録」の記述の中で、中宗は「医員は宿直をやめて、提調も各自解散して帰っていい」と語っているのに、医女(チャングム)についての言及がない。それは引き続き「チャングムはそばにいるように」と暗黙に言っているのと同じだ。それほどチャングムは病床の中宗に付き添っていた。
ただし、主治医ではない。あくまでも主治医は男性の医官が務めていて、その補助的な役割をしていた。
さらに、「朝鮮王朝実録」の記述を見てみよう。

◆1544年11月11日の記述
「正午に医女が出てきて、『(殿下の)左手の脈は朝より少し浮いており、煩熱(熱が高くて胸が苦しい症状)が出て口が渇いています』と言った」

◆1544年11月12日の記述
朝、医女が出てきて、『昨夜、殿下には煩熱がおありのようでしたので、適切に処方いたしました』と言った。正午、医女が出てきて、『午前中に煩熱があって、井花水(夜明けに汲んだ井戸水)に蘇合元(漢方薬の一種)を入れて差し上げました』と言った」
さらに、「朝鮮王朝実録」の記述は続く。

◆1544年11月13日の記述
医女が出てきて、『昨夜は二更(夜9時から11時の間)に少しお休みになられ、三更(夜11時から午前1時の間)には熱がひどくて、野人乾水(漢方薬の一種)をさしあげましたが、熱が下がりませんでした。昼から夕方まで、左手と右手の脈は昨日と変わりがありません』と言った」
それまでの文脈からして、「朝鮮王朝実録」に記載されている医女がチャングムをさすのは明らかだ。
本当にチャングムは中宗のそばにピタリと張りついていた。
中宗は1544年11月14日の午後から昏睡状態に陥り、11月15日の夕方に亡くなった。
診察と看病を続けたチャングムは、どれほど悲しんだことだろうか。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

 

コラム提供:チャレソ

http://chaleso.com/

2021.02.10

blank