俳優マ・ドンソク、子猫を抱えてソワソワ…“抱き方が分からない”


俳優マ・ドンソクが赤ちゃん猫を抱えてソワソワしている姿を公開し、特有の愛らしい魅力を発散した。

マ・ドンソクは7日に個人SNSを通じて「撮影現場で会った赤ちゃん猫。この抱き方で合っているのだろうか。Such a cute kitten I met on set a few years ago... Am I holding her right? 」とコメントを添えた写真を掲載した。

公開された写真の中でマ・ドンソクは緊張気味で赤ちゃん猫を抱えていた。マ・ドンソクの手の大きさよりも小さい赤ちゃん猫が視線を集めている中で、猫を愛くるしく見つめるマ・ドンソクの眼差しが可愛い雰囲気を作り上げていた。マ・ドンソクの鍛えられたムキムキな腕に対照して小さすぎる猫のサイズに触りながらも緊張しているマ・ドンソクの気持ちが感じられる写真であった。

写真を見たネットユーザーたちは「弾けちゃうかも知れないので力加減に気を付けて」、「マ・ドンソクの鼻と同じサイズだ」、「ツーショットが可愛すぎる」などのコメントを送っていた。

マ・ドンソクは過去に出演していた某ラジオ番組にDJから「ひよこを怖がるという噂があるけど? 」という質問に対して「ひよこはとてもか弱い。手の上に乗せてどこかに移してあげようと触れただけでどこか折れてしまいそうで怖い」と答えていて、ワイルドな見た目と相反するか弱い心を明かし笑いを集めていた。実際にマ・ドンソクは映画「ファイヤー・ブラスト 恋に落ちた消防士」の撮影時に大勢のひよこが登場するシーンで自分の小さい動きでひよこがケガする恐れがあると感じて何もできずにいたと回想していた。

一方マ・ドンソクはマーベル映画「エターナルズ」の公開を控えている。また映画「狎鷗亭リポート(仮)」や「犯罪都市2」への出演を知らせた。

WOW!Korea提供

2021.02.07

blank