「コラム」食べ残すことが多い韓国となるべく食べ残さない日本との違いは?

済州島(チェジュド)出身の母はよくこう言っていた。「韓国の家庭に食事を招待されたら、ご飯を少し残さなければ駄目。全部食べると、この人はもっと食べたいんだと思われて、またご飯を盛られるよ。お腹がいっぱいのときは、ご飯を少し残すのが『もう食べられません』という合図になるの」

 

日本では軽食でもてなされた?
日本で食事に招待されたら、料理を残しては申し訳ないと思って、必死になって食べきるだろう。けれど、韓国では残していいと母は言った。
むしろ、招待された側が料理を残すことによって、招待した側は「食べきれないほどのご馳走でもてなした」と満足する。
実際、韓国の家庭に招待されたときは、母のアドバイスを忠実に守った。というより、テーブルいっぱいにご馳走が並ぶので、とうてい食べきれない。現実的に残さざるをえないのだ。

そういう韓国から日本に来た人が、日本の家庭に食事に招待されたとする。このときに少しガッカリする韓国人が少なくない。
「軽食でもてなされるとは、自分はその程度にしか思われていないのか」
そう考えてしまうのである。
日本の家庭でも精一杯のもてなしをしてくれているのだが、招待客にご馳走をズラリと並べる韓国から見れば、「軽食」に見えてしまう場合がある。これはもう習慣の違いとしか言いようがない。

韓国の地方をまわる楽しみはやはり郷土料理の美味しさだが、たまに困惑するのは、1人で定食を頼んだときでも、テーブルから皿がこぼれるばかりに料理が並ぶこと。メインの料理以外は無料のサービスなので甘んじて受けるが、食べきれるわけがない。
ふと、となりの席を見る。4人が座っているが、その4人分の料理と、私1人の量がほとんど変わらない。
こちらは1人なので、それに見合った量だけでいいのに、食堂側はそういう計算をしないで、大盤振る舞いに徹する。その結果、食べ残される料理の量は韓国全土ですさまじい規模に達するに違いない。
最近もソウルに行って美味しい海鮮料理の店に招待してもらったのだが、気が大きくなった招待主があまりに多くを注文しすぎて、大量に残す羽目になった。
いくら美味しくても、食べられる量には限界がある。それを考えて、少しずつ注文するのが得策なのだが、韓国では「料理の皿が多いのは大歓迎の証明」と考える人があまりに多い。
かくして、会食の席で「食べ残さない程度の注文」に抑えることがかなり難しい。

文=康 熙奉(カン・ヒボン)

『梨泰院クラス』は2人の女性に注目しよう

『麗』で一番の注目は2人の美しき対決!

公開が延期になったままの映画『徐福』が気になる!

ナム・ジュヒョクが『スタートアップ』で輝いていた!

韓国らしい結婚式のスタイルとは?

 

コラム提供:ロコレ

http://syukakusha.com/

2021.02.02

blank