【ドラマがいいね!】絶対に見逃せない『太陽の末裔』/モテモテ韓流1

『太陽の末裔』は韓国で2016年の春に大ヒットしたドラマだ。『太陽の末裔』でソン・ジュンギが扮するのは、韓国が誇るエリード軍人のユ・シジンである。第1話の冒頭から緊迫感あふれるアクションシーンがあり、ソン・ジュンギの迫真の演技に魅了される。

 

ドラマと実生活が重なる
「ユ・シジンを演じるにあたって、軍務の経験が本当に役に立ちました」
ソン・ジュンギ自身もそう語る。
彼は軍事境界線のそばで兵役を務めたが、その経験が役作りに大いに生きたというわけなのだ。それはまた、ソン・ジュンギの俳優としての成長を示す結果を生んだ。

なお、『太陽の末裔』の骨子は、政情不安定な異国で軍人と医師団が奉仕活動に従事するというもの。医者に扮したソン・ヘギョと軍人役のソン・ジュンギが緊迫した状況を乗り越えて愛を育んでいく。
このドラマの見どころはたくさんある。
まずは、ストーリーの面白さ。
ヒロインのモヨン(ソン・ヘギョ)は何度も命の危険に遭遇するが、その度にシジン(ソン・ジュンギ)が救世主として現れる。典型的なヒーロー物語が随所に織り込まれていて、そのハラハラ感がやみつきになる。

次に、キャスティングの魅力。
特に主役コンビのソン・ジュンギとソン・ヘギョがとてもいい。甘いマスクでありながら芯の強さを見せるソン・ジュンギと、勝気なエリート女性にして深い情を持っているソン・ヘギョの組み合わせは、「まさにベストカップル」という表現がピッタリ。やっぱりドラマは「主役の男女の魅力次第」。そのことを改めて実感させたのが『太陽の末裔』であった。
多くの見どころに彩られた『太陽の末裔』。まだ見ていなければ、絶対に見ておきたい傑作である。

文=「韓流テスギ」編集部

パク・ボゴムが主演した『青春の記録』は「家族の記録」でもあった!

『梨泰院クラス』が希望に満ちたドラマにワケは?

『100日の郎君様』を見ていると時代劇の良さを再確認できる!

韓国ドラマによく出てくる「あの仕種」とは何か?

韓国ドラマでは心に残るセリフが本当に多い!

 

コラム提供:韓流テスギ

http://tesugi.com/

2021.01.27

blank