K-POPグループBTS(防弾少年団)のルポ掲載!『婦⼈公論』2月9日号(1月26日発売)は創刊105周年記念、32人の「希望のことば」を掲載

表紙:松坂慶子(撮影:篠山紀信)

 

株式会社中央公論新社は1月26日(火)、雑誌『婦人公論』2/9号を発売します。

大正5年の創刊から105年、本誌を彩った「希望のことば」集
大正5年(1916年)に総合雑誌『中央公論』の女性版として創刊した本誌は、2016年1月に創刊105周年を迎えました。女性の権利と地位向上を目指した創刊時から、時代の変化とともに女性たちの悩みや知的欲求に応えてきた誌面には、その時々の著名人が登場。本誌に刻まれた数々の寄稿やインタビューから、今を生きる私たちに希望を与えてくれる言葉を短いフレーズに切り出してお届けします。
お言葉を掲載させていただいたのは以下32人のみなさんです。

◎PART1〈女性が声を上げたとき 1916-1960年〉
安部磯雄/与謝野晶子/山川菊栄/市川房枝/田中絹代/林 芙美子/平林たい子/山口淑子

◎PART2〈私が私らしくあるために 1961-2000年〉
桐島洋子/美空ひばり/美輪明宏/ミヤコ蝶々/橋田壽賀子/黒柳徹子/上野千鶴子/成田きん/宇野千代/森 光子/志村けん/石牟礼道子

◎PART3〈100時代を生き抜く 2001-2020年〉
日野原重明/渡辺えり/田辺聖子/上沼恵美子/岸 惠子/田村セツコ/養老孟司/篠田桃紅/樹木希林/市原悦子/氷川きよし/内海桂子

P108-109「希望のことば」集

婦人公論の歴史については、ウェブサイト「婦人公論.JP」内「『婦人公論』の歩み」をご参照ください。
https://fujinkoron.jp/list/about

特集 「何歳からでも、やりたいことを」
新年2号目であり、1月中の発売となる本号の特集は「『挑戦』は人生を豊かにする~何歳からでも、やりたいことを」。
脳科学者の茂木健一郎さんが、作家の若竹千佐子さんの55歳以降の「挑戦」を脳科学的に分析するほか、92歳の新聞ちぎり絵作家・木村セツさんのインタビュー、還暦前後で社交ダンスを始めた市毛良枝さんと加藤タキさんの対談などをお送りします。

<特集内容>
・〈読者アンケート〉2021年、踏み出すとしたらこの「一歩」
・茂木健一郎×若竹千佐子 脳年齢を若返らせて、「まことの花」を咲かせよう
・いとうまい子 アイドルだった私が遺伝子の研究者になるなんて
・一回りあなたを大きくする人気の講座、教えます
・市毛良枝×加藤タキ 「社交ダンス」の魔力で身も心も磨かれて
・〈ホンネ集〉いつだって、やる気はこうして阻まれた
・木村セツ 92歳、新聞ちぎり絵が毎日に彩りを添えてくれる
・〈ルポ〉「いつか」はいま! 新しい扉を開いてみれば
・〈読者体験手記〉「年甲斐もなく」と言わないで

(2ページに続く)

・BTS(防弾少年団)ジン、ときめきを誘う眼差し…スポーツブランドのグラビア公開

・<トレンドブログ> BTS(防弾少年団)ジミン、アジア-韓国代表「女性より美しい男10人」に選定

・BTS(防弾少年団)ジョングク、一層男らしくなったビジュアル…眼差しがセクシー

・BTS(防弾少年団)ジョングク、フェミニンなベッドの前であいさつ!”コラボ?撮影?日常?これは気になる”

2021.01.26

blank