「スパイ」JYJキム·ジェジュン、成熟した感情演技で投入度も最高レベル

201502141204776048_54debb3dc5cb3
JYJのキム·ジェジュンが成熟した感情演技で視聴者たちを感動させた。C-JeSエンターテイメントは14日、「KBS 2TV金曜ミニシリーズ『スパイ』でキム·ジェジュンが回を追うごとにさらに成熟した感情演技を見せている。ぎくしゃくした姿からパニック状況、そして怒りに至るまでを熱演して視聴者たちの感性を刺激した」と伝えた。
序盤ジェジュン(キム·ソンウ役)は、お母さんペ·ジョンオク(ヘリム·パク役)と友人ゴソンフイ(イ·ユンジン役)に限りなく感情を投入した演技で女心をひきつけた。
ドラマが進むにつれて、ジェジュンはユ·オソン(ファンギ鉄駅)との悪縁に怒りユ·オソンとペ·ジョンオクとの関係でパニックに陥るなど、さまざまな演技を見せた。

ジェジュンは愛情表現も躊躇することなく表現し、また優しさや仲間の死に対する怒りはもちろん、情報戦の中で背信に打ち上げられたパニック状態の表現まで、見事な感情演技でこなし​​て、ドラマへの没入度を高めた。

特に目だけけで感情を表現する演技では些細な感情も表現し視聴者たちの感性を刺激させ、多くの評価を受けた。

<写真>C-JeSエンターテイメント提供

2015.02.14

blank