【韓国映画特集】映画『王の涙』では『愛の不時着』とは違ったヒョンビンの演技が堪能できる!

写真=『王の涙-イ・サンの決断-』公式サイトより

 

ヒョンビンが兵役のときは海兵隊で厳しい訓練を行なった。それが終了して芸能界に復帰したときに選んだ作品が映画『王の涙-イ・サンの決断-』(2014年)であった。この映画で、ヒョンビンは何を思ったのか。

 

渾身の演技
『王の涙-イ・サンの決断-』は朝鮮王朝の22代王・正祖(チョンジョ)を描いている。ヒョンビンは、朝鮮王朝の正式な歴史書『朝鮮王朝実録』に出てくる正祖の記述をとても詳しく読み込んだ。そのうえで、「あえて、正祖を描いた他の作品を見ようとしませんでした」と語った。
つまり、自分なりに新しい正祖を演じたいと意欲をみなぎらせたのだ。

ヒョンビンはさらにこう語った。
「今回の作品は今までのものと違います。かならず生きなければならないし、自分の政権を守らなければならない。これまでにない緊迫した正祖をお見せしたいと思いました」
果たして、ヒョンビンはどんな正祖になりきろうとしたのか。
「脚本を何度も読むと、正祖は自分の命を守るために、苦しい環境の中で鍛練を続け、すさまじい生き方をしたのではないかと考えました。それで、からだを鍛えました。トレーニングと撮影を一緒に行なったので1日3時間しか眠れませんでしたし、からだを絞るために食事も制限しました」

ここまでヒョンビンはやりきった。
極限まで挑むことができた原動力は?
「とても過酷な撮影でしたが、兵役中にずっと演技をしたいと渇望していたので、最後までやり遂げることができました」
映画の中でのヒョンビンは、鬼気迫るほど強靱だった。それは、全身全霊を傾けて演技に没頭したからである。
今、『愛の不時着』の大ヒットによって、ヒョンビンの過去の作品も大いに注目されるようになった。ぜひ、『王の涙-イ・サンの決断-』でヒョンビンの渾身の演技を見てみよう。

文=康熙奉(カン・ヒボン)

『愛の不時着』でヒョンビンに注目したら『王の涙』もぜひ見たい!

優れた洞察力を持った俳優ヒョンビン

ヒョンビン主演の『アルハンブラ宮殿の思い出』が面白い!

韓国の芸能界はこんなにも大変だ!

韓国において地上波のドラマでなくケーブルテレビのドラマの特徴は?

コラム提供:韓流テスギ

http://tesugi.com/

2021.01.06

blank