【公式】「BLACKPINK」、「Ice Cream」が米国ローリング・ストーン誌が選ぶ「2020ベストポップコラボレーション」に


「BLACKPINK」が米国有力音楽専門誌ローリング・ストーンが挙げた「2020ベストポップコラボレーション」に選定され、存在感を輝かせた。

ローリング・ストーンは15日(現地時間)、「2020ベストポップコラボレーション」(The Best Pop Collaborations of 2020)」を発表した。ローリング・ストーンが厳選した18曲のうち、「BLACKPINK」がセレーナ・ゴメスとコラボレーションした「Ice Cream」がK-POPの中で唯一の名前を上げた。

ローリング・ストーンは「『BLACKPINK』がレディー・ガガとコラボレーションした『Sour Candy』は、より大きな絵のための序幕に過ぎなかった。以前は『BLACKPINK』がガールクラッシュで音楽チャートを占めたなら『Ice Cream』はユーモラスさ、いたずら、かわいさがいっぱいの歌で『BLACKPINK』だけの柔らかく繊細な姿を見せた。また、メンバーたちの音色は、独自の魅力を維持しながらもセレーナ・ゴメスとも完璧なバランスを成​​し遂げた」と評した。

また、「『BLACKPINK』は今まで成功街道を走ってきたが、レディー・ガガに続くセレーナ・ゴメスとのコラボレーションは、多くの国民に彼女たちを知らせる道を開いてくれた」と、今年「BLACKPINK」が人気歌手たちとのコラボレーションにより、成し遂げた成果にも注目した。

8月に発表した「Ice Cream」は発売直後のiTunesワールドワイドチャート1位を占めた後、米国ビルボード「ホット100」で13位まで上がってK⁻POPガールズグループ最高ランクを独自更新し、8週連続チャートインに成功した。それだけでなく、ミュージックビデオは公開80日でYouTubeの再生回数4億ビューを超え、世界最大の音楽ストリーミングメーカーSpotifyは2億ストリーミングを突破して記録更新を止めずにいる。

これは「BLACKPINK」が「Ice Cream」に特別な公式活動なしに成し遂げた成果として、音楽とミュージックビデオだけで成し遂げた記録という点で意味が大きい。

「Ice Cream」の見事なグローバル活躍と同じくらい海外有力メディアの2020年の年末決算リストに相次いで登場して強大な影響力を認められている。「BLACKPINK」は先にローリング・ストーン「2020ベストソング50」(The 50 Best Songs of 2020)において「Ice Cream」で13位を取り、K-POPガールズグループの中で唯一名前を上げた。米国AP通信が発表した「今年の10大音楽」にもK-POPの中で唯一ランクインし、ビルボード「2020ベストソング100」(The 100 Best Songs of 2020:Staff Picks)も74位を占めた。

「BLACKPINK」は最近行われた米国のバラエティーヒットメイカーズ(Variety Hitmakers)」授賞式で「今年のグループ賞」をK-POPガールズグループとして初受賞した。また、「2020メロンミュージックアワード(MMA)」で2冠王(女性ベストダンス賞・トップ10)、「2020 Mnetアジアミュージックアワード(MAMA)」で3冠(女性グループ賞・ベストダンスパフォーマンス女性グループ賞・ワールドワイドファンズチョイス)、中国のQQミュージック「ブームアワード」でグローバル人気グループ賞、CJ ENM「2020ビジョナリー(Visionary)」に選ばれた。

WOW!Korea提供

 

「BLACKPINK」の「LOVESICK GIRLS」ダンス映像1億再生突破、歴代24本目

・JISOO(BLACKPINK)初の主演ドラマ「雪降花」、ROSEがコーヒーカーを贈り応援

・BTS・NCT・BLACKPINK・MAMAMOOら、ソウル歌謡大賞「WhosFandom賞」トップ16の投票開始

・<トレンドブログ>【グラビア】「BLACKPINK」ジス、ラブリーからシックまで多彩な魅力でカバーを飾る!

2020.12.17

blank