【ドラマがいいね!】チャン・グンソクなら『テバク』を見なければならない(中編)

写真=韓国SBS『テバク』公式サイトより

韓国で2016年3月28日からSBSで『テバク~運命の瞬間(とき)~』の放送がスタートした。第1話の冒頭の場面。雪が強く降る中で、成人したテギル(チャン・グンソク)が、反乱を起こす李麟佐(イ・インジャ/チョン・グァンリョルが扮している)と厳しく対峙した。

 

チャン・グンソクの覚悟
『テバク』の冒頭の場面でチャン・グンソクの演技が迫力に満ちていた。
「今までとは違う」
多くの視聴者がそう思ったことだろう。
何が違ったのか。一言で言えば「覚悟が備わっていた」ということだ。
「この『テバク』で評価を得られなければ俳優をやめざるをえない」
そんな切羽詰まった“背水の陣”をチャン・グンソクが匂わせていた。ドラマでは、凍えるような寒さの中で精悍な表情を見せていたが、そのときに感じられた強い意志は、チャン・グンソク自身の決意の表れだったのだ。
このように、彼の覚悟を見せつける場面は『テバク』には随所にあった。
たとえば、第4話のエンディング。テギルの父親が息子を守るために命を落とし、それを契機にテギルは生まれ変わり、蛇に必死に食らいついて野人のように生きていく。
まさに極限状態に置かれたテギルをチャン・グンソクは体当たりで演じた。
かつて「ラブコメの貴公子」と呼ばれた華麗な姿はない。

むしろ、ドロくさくて粗野だ。しかし、そんな姿をさらしてまで、チャン・グンソクは『テバク』に賭けていた。
第7話からテギルは最強の師匠のもとに弟子入りして、厳しい修業に明け暮れる。このときのチャン・グンソクも迫力満点だった。
特に、風雪に耐えて頑張る姿には、多くの視聴者が共感したことだろう。
「華はいらない、魂がほしい」
そう呼びかけているようなチャン・グンソクの演技。テギルの成長は、まさにチャン・グンソクの俳優としての変化でもあった。
(後編に続く)

文=康 熙奉(カン ヒボン)

コラム提供:ロコレ
http://syukakusha.com/

 

チャン・グンソクなら『テバク』を見なければならない(前編)

『テバク』では名優たちの演技に魅せられる!

『テバク』はチャン・グンソクにどんな成果をもたらした?

歴史がわかれば『テバク』がもっと面白くなる

チャン・グンソクが1億ウォンを寄付した漢陽大学とはどんな大学?

2020.11.06

blank