「ラジオショー」に出演したミュージカル女優ハム・ヨンジ、芸能活動を始める時父ハム・ヨンジュン会長の反対はなかった


ミュージカル女優ハム・ヨンジが、女優を始めるとき父である韓国食品会社オットゥギの会長ハム・ヨンジュンの反応について話した。

2日に放送されたKBSラジオクールFM「パク・ミョンスのラジオショー」にミュージカル女優のハム・・ヨンジが出演しDJパク・ミョンスと「職業の繊細な世界」コーナーに出演した。

この日、パク・ミョンスは、ミュージカル女優として活動するハム・ヨンジに、父であるハム・ヨンジュン会長は最初反対したのではという質問をした。

ハム・ヨンジは「私が中学生の時からミュージカルを頑張りたいと1人でオーディションを受けて回っていて、高校生の時もミュージカルキャンプのオーディションを受けていた。父は情熱を持ってやりたいことがあるということを評価してくれる人で、認めてくれた」と話した。

続いて、ハム・ヨンジは幼い時からボディーガードがいたか、という質問には「私は生まれて一度もない」と話し注目を集めた。

WOW!Korea提供

2020.11.03

blank