【ドラマがいいね!】韓国ドラマの脚本家たちが心に残るセリフを書ける理由とは?(特別編)

『トッケビ』には名セリフが多かった(写真=tvN『トッケビ』公式サイトより)

 

『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』の素晴らしさについては多くの人が語っている。その中の1つに「セリフがとてもいい」という評価がある。同作品にかぎらず、韓国ドラマには珠玉のセリフがよく登場する。その背景について考えてみよう。

 

恋人同士の愛情表現
韓国人は、自分の感情を表すことに抵抗感が少ないと言えます。
西洋人のように最初から自分の意見をぶつけていくわけではないのですが、感情的な面ではすごく正直に自分を表現しようとします。それに、相手の感情を常に知りたがるというのも韓国人の特徴です。
このような国民性は、ときに厚かましい面として表われますが、人々の感情のコミュニケーションではお互いが正直に自分の気持ちを言い、あるいは、聞く態度を持てるようになります。

また、韓国人は論理的に物事の仕組みを分析するよりは、感情的に現象の状態を共感しようとする傾向があります。そのために人の感情を知ろうとし、また、自分の感情を表現することに積極的です。
これは恋人同士の愛情表現で特に目立ちます。
韓国人は感情の表現に抵抗がないために、家族のように長い間過ごした相手には、当然のように自分の感情や考えをわかってほしいと願う面があります。

しかも、恋人同士は常にお互いの感情を微調整する必要がある分、いつもお互いのことを語り合います。
そのことは文学にも影響しました。
(ページ2に続く)

秋だからこそ心に響く韓国ドラマの名ゼリフ!

チ・チャンウクは『僕を溶かしてくれ』の素材が新鮮で面白いと言った

パク・ソジュンが『キム秘書』で演じたナルシストは最高の適役!

チ・チャンウクは『あやしいパートナー』でキャリアを見事に高めた!

パク・ボゴム主演『青春の記録』の展開が面白くなってきた!

2020.10.26

blank