「SuperM」、WHO主催オンラインイベントに参加「良い日が来ますように」

「SuperM」が世界中の人々の精神的な健康のため、ヒーリングパフォーマンスを披露し、話題となっている。

「SuperM」は10日午後11時(10AM EST)から、YouTube、ツイッター、Facebook、LinkedIn、TikTok、Twitchを通じて生配信されたWHO(世界保健機関、World Health Organization)主催のオンラインイベント「The Big Event for Mental Health」にK-POPアーティストとして唯一参加し、注目を集めた。

「The Big Event for Mental Health」は精神的な健康の重要性と管理法を広く知らせ、全ての人に精神的な健康のプログラムが提供されるよう促すために企画されたもの。この日、「SuperM」は「皆にとって、良い日が来ることを願っている」と最近発表した1stアルバム「Super One」の収録曲の中で温かいボーカルが際立つ「Better Days」を披露し、反響を呼んだ。

特に、「SuperM」は同アルバムに「僕たちは皆、特別な(Super)存在で、各自(One)の力を持っており、僕たちが直面している困難を一つになった(One)力で克服していこう」というメッセージを込め、前向きで希望のエネルギーを届けてきただけに、今回のイベントでも、新型コロナウイルスにより精神的に苦しんでいる人に癒しを届けた。

「SuperM」は今年4月にも、WHOとGlobal Citizenが主催した超大型オンラインチャリティーコンサート「One World:Together At Home」にK-POPアーティストで唯一参加し、新型コロナ克服運動に力を添えたことがある。

WOW!Korea提供

 

  • 全世界が注目するアイドルグループ SuperM のウィッシュリストを詰め込んだ単独バラエティ! 「SuperM のウィッシュリスト」 12 月 24 日 日本初放送決定!
  • 「SuperM」、10日WHO主催オンラインイベントに参加
  • 「バラコラ」「SuperM」、 “お仕事体験×ドッキリ”で素のリアクション連発! “スーパーリアクションガイ”は?
  • 「SuperM」、デビュー1周年「一日も早くツアーがしたい」
  • 2020.10.11

    blank