【時代劇が面白い】韓流ファンのための時代劇傑作紹介1!『朱蒙』と『太王四神記』

韓国時代劇の傑作を紹介するシリーズの1回目。『朱蒙(チュモン)』は、高句麗建国の始祖を描いた壮大な時代劇であり、『太王四神記』は圧倒的なスケールを持った歴史ファンタジーだ。

『朱蒙(チュモン)』

古代の朝鮮半島北部。扶余(プヨ)国の第3王子として生まれた朱蒙(チュモン)は、彼の実力を恐れた兄の計略によって追放された。やがて彼は、民の暮らしに触れながら心身ともに成長する。さらに、朱蒙は中国大陸の大国・漢に滅ぼされた古朝鮮の遺民たちをまとめあげ、新たな国家・高句麗(コグリョ)を建国する。情けない王子だった朱蒙が、偉大な王になっていく姿は視聴者に感動を与え、韓国で最高視聴率52・7%、35週連続視聴率1位という記録を打ちたてた。
放送日/2006年5月15日~2007年3月6日
放送局/韓国MBC(全81話)
演出/イ・ジュファン、キム・グンホン
脚本/チェ・ワンギュ、チョン・ヒョンス

出演(役名)/ソン・イルグク(朱蒙)、ハン・ヘジン(ソソノ)、ホ・ジュノ(へモス)、チョン・グァンリョル(クムワ)、オ・ヨンス(ユファ)
(ページ2に続く)