「直撃インタビュー」“演技中毒者”キム・スンデ&“Kミュージカル界プリンス”チョン・ドンソク

20130911-two (2)
現在、大きな注目を集めている「Kミュージカル」。中でも今、日本で最も注目度の高い韓国ミュージカル俳優キム・スンデとチョン・ドンソクという華麗なる共演により、若き天賦の才能をぶつけ合うスプリットアルバム「Two Of Us ~歌ある限り~」を8月28日に日韓同時発売。9月11日には銀座・山野楽器、9月13日にはタワーレコード新宿店にて発売記念トーク&ミニライブが予定されている中、イベント初日の9月11日に都内にてインタビューに応じ、アルバム制作におけるこだわりやファンへの思いを熱く語ってくれた。

 

Q. 自己紹介とアピールポイントをお願いします。
チョン・ドンソク(以下ドンソク):私は歌もそれなりにできて、演技もそれなりにできるので、ミュージカルをやっています(笑)
キム・スンデ(以下スンデ):私も同じように演技がそれなりに…(笑)それとスポーツも得意です。ドンソクと2人で活動するのは今回が初めてなので、ドキドキワクワクしています。

20130911-two5

 

Q. 合気道公認2段、格闘技公認3段と師範の資格を所有しているスンデさんが、ミュージカル俳優になった一番のきっかけは何でしょうか?
スンデ:俳優にはあまり興味がなかったのですが、ある俳優さんの演技を見てこの世界に入ろうと思いました。また、大学卒業前に友人からオーディションに誘われたので一緒に行ったのがきっかけで、ミュージカルの世界に入ることになりました。

 

Q. ドンソクさんはオペラ歌手を目指し声楽科に在籍中ですが、オペラ界からミュージカル界へ進んだきっかけをお聞かせ下さい。
ドンソク:軍隊にいる時に進路についていろいろ考えたのですが、その時に自分はミュージカルに合っているのではないかと思い、ミュージカルの世界に入りました。今でもその選択は間違っていなかったと思っています。

 

Q. 8月28日にリリースされたアルバム「Two Of Us ~歌ある限り~」の紹介をお願いします。
ドンソク:今年4月に東京で行なわれた「K-MUSICAL STARS CONCERT 2013」で、本当に大きな反響がありました。そんな皆さんの声援に応えるために、贈り物としてこのアルバムを作りました。ぜひ楽しんでいただきたいです。

 

20130911-two4

Q. アルバム制作の中で特にこだわった点は?
ドンソク:選曲に一番気を使いましたね。曲を1つ1つに意味を持たせて…本当に選曲に苦労したのですが、曲が決まってからはラクな気持ちで楽しくレコーディングができました。
スンデ:僕たちの声は全く違うタイプなので、その2人の声が合わさった時にどんな効果があるかなどを考えて、丁寧に曲を選びました。

 

Q. 本日、「Two Of Us ~歌ある限り~」発売記念イベントで日本のファンと会いますが、今どんなお気持ちですか?
ドンソク:普段の公演とは全く違って、こういったイベントは初めてなので、すごく楽しみにしています。だからイベントのことを考えると顔がゆるんでしまいます。早くイベントが始まってほしいです。
スンデ:今年4月のコンサートの時に一番反応が大きかった曲をメインタイトル曲にしたので、楽しんでもらえるかなと期待している部分もあるけど、今回はそこまで喜んでもらえなかったらどうしようと心配している部分もあります。

 

Q. 9月7日に千秋楽を迎えた「エリザベート」ではトート役を好演されたチョン・ドンソクさん。この作品はキム・ジュンスさん、パク・ヒョシンさんとトリプルキャストでした。最近K-POPからミュージカル界に入ってくるケースが多いですが、その点についてどう思いますか?
ドンソク:ミュージカル俳優もドラマや映画に出演したりしているので、ジャンルを越えて活動することについては、自然なものだと思っています。特に僕の場合は、僕自身がミュージカルの世界に入った時から、すでに歌手の方がミュージカルでも活躍されていたので、当たり前のこととして感じています。

 

20130911-two3

Q.ミュージカルでは一つのキャラククターを複数で演じることが多いですが、どのような点に気を付けて演じていますか?
ドンソク:僕は役をいただいたら、その役に対する僕だけのドラマのようなものを作り上げて、それに徹底していきます。他の方の演技を見て、いい所は取り入れたりすることもありますが、僕のドラマに合わないものであれば取り入れません。他の方の演技に流されず、ブレないようにすることに気をつけています。
スンデ:ドンソクの場合は声楽をやっていたので、そういう面で個性を出せることもあるかと思いますが、僕の場合は芝居からミュージカルに入ったので、役作りの面でもっと深く研究できたりするのかなと思っています。
ドンソク:スンデさんは本当に“やりすぎ”というくらい細かいんですよ(笑)「モンテクリスト」を観た時、他のキャストも表現していない、誰も思いもしないような部分にもこだわっていて、その演技を見て泣いてしまいました。役作りの細かさにビックリして、泣くような場面でないのに、泣いてしまったんですよ(笑)

 

Q.スンデさんはミュージカル「エリザベート」で平方元基さんと同じルドルフを演じましたが、日本と韓国のミュージカルの違いはどんなところだと思いますか?
スンデ:まだまだ僕はそんなことをお話しできるような立場ではないかと思いますが…第一印象についてお話しますね(笑)日本の場合はドラマ的な構成が素晴らしくて、ドラマ的なパワーが大きいと感じました。韓国の場合は民族性もあるかと思いますが、刺激的でインパクトが強いところがポイントです。だから両国のいい所を合わせたら本当に素晴らしいものができるのではないかと思います。

 

Q.一番のお気に入りのミュージカルとキャラクターを教えて下さい。
ドンソク:今は「エリザベート」です(笑)
スンデ:その“今は”というところが大事だと思います。僕たちは一度公演が始まると、そのキャラクターを一番大事で一番愛しているので、常に“今は”とお答えすることになると思います。

 

20130911-two2

 

Q. 9月20日に 「K-Musical Stars Concert 2013 in Seoul」が開催されます。日本からもファンの方がたくさん行くかと思いますが、どんな準備をしていますか?
スンデ:何があるかな?
ドンソク:僕は出演しないから(笑)どんな準備をしていますか?
スンデ:特に大きな違いはないと思います。日本だからとか、韓国だからと分けることなく僕自身はいつも同じなので。ただ韓国のファンと日本のファンの反応の違いはあるかもしれませんが、僕はいつも同じ姿をお見せするだけです。ただ僕に会いに来てくだされば十分です。

Q. 多忙だと思いますが、ストレス解消法はありますか?
ドンソク:お酒!…記事には「軽く」と書いてくださいね。スンデさんを寝かさないくらい飲むんですけど(笑)
スンデ:僕は特にありません。運動して汗をかくことぐらいですかね。それと1人で考え事をすることかな。

Q. 好きな女性のタイプは?
ドンソク:それを話すには2時間ぐらい必要ですね(笑)料理が上手で、手があまりキレイじゃない人がいいです。それと資産管理ができる人(ニッコリ)
スンデ:僕も今まで少しは恋愛をしてみて感じたのは、良かれ悪かれウソをつかない人、お酒の飲み方をコントロールできる人、それとドンソクと似ていますが生活力がある人がいいですね。苦労をしているかどうかは手を見れば分かりますので、ドンソクが言っていましたが「手があまりキレイじゃない」というのは、いろいろな経験をして生活力があるということだと思います。

Q. 女性のどんなしぐさに惹かれますか?
ドンソク:自分の仕事に一生懸命な姿。
スンデ:僕も同じです。自分の仕事に情熱を持って取り組んでいる姿。プラス、身なりなどに常に気をつけている人がいいですね。

 

20130911-two7

 

Q. 今後の活動予定をお願いします。

ドンソク:「エリザベート」の地方公演がありますし、「ノートルダム・ド・パリ」の公演も予定しています。機会があれば日本で2人のコンサートもしてみたいですね。「K-MUSICAL STARS CONCERT」もまたできたらいいなと思っています。
スンデ:三谷幸喜さんの作品である「笑の大学」に出演を予定しています。あと「ヨセフ・アンド・ザ・アメージング・テクニカラー・ドリームコート」も決まりました。この作品では今まで演じたキャラクターと違って、とても明るくて活発な姿をお見せできると思います。また、今回ドンソクと一緒にアルバムを出しましたが、日本の皆さんの応援次第で、僕たちの来日が決まりますので…皆さん、分かりますよね?!(ニッコリ)

Q. ファンの方へメッセージをお願いします。
スンデ:アルバムをたくさん聞いてください。
ドンソク:本当にこのアルバムを愛してほしいです。アルバムを買わないと後悔しますよ!…と言えるくらい自信のあるものになっています。
スンデ:皆さんの声援に応えようと、感謝の気持ちでとにかく一生懸命頑張りました。まだまだ未熟な部分もあるかと思います。そういった部分は大目に見ていただいて、楽しんで聞いていただけたらうれしいです。

「アルバム制作の全てが楽しかった」とキム・スンデが笑顔で語れば、チョン・ドンソクも温かい笑みで大きくうなずき、“イヤでも別れられない”ほどの仲の良さが伺えた2人。今後のKミュージカルを背負う2人の活躍に期待したい。

 

 

「2013年12月20日@ヤマハホール(東京・銀座)での二人によるコンサートも決定した。(詳細は後日発表)」
日時:2013年12月20日(金)19:00開演
会場:ヤマハホール 東京都中央区銀座7-9-14
出演:キム・スンデ、チョン・ドンソク

KIM SEUNG DAE JAPAN OFFICIAL SITE http://kim-seungdae.jp/
JEON DONG SUK Japan Official Site http://jeon-dongsuk.jp/

2013.09.25

blank