「JYJ」 ジェジュン、横浜ファンミで主演ドラマ「スパイ」のエピソードを披露!日本でも熱い反応!

201501221034774003_54c056e28067fKBS 2TV 金曜ドラマ「スパイ」が日本で熱い反応を得ている。主人公の人気グループJYJのジェジュンのファンたちのおかげである。
ジェジュンの所属事務所C-JeSエンターテインメントは、「昨日ジェジュンが 横浜アリーナで『2015 KIM JAE JOONG J-PARTY IN YOKOHAMA』を開いた。ジェジュンのファンミーティング兼コンサートで成り立ったこの日のイベントでは、現在韓国でジェジュンが出演中のドラマ『スパイ』に対する現地のファンの反応がとても大きくて関係者も驚くほどだ」と22日明らかにした。
この日イベント会場でジェジュンは「スパイ」を紹介するとともに、「ドラマのキャラクターとして家族といる時と国家情報員として働く時の姿にずいぶん差がある。その点を表現するのが難しかったりするが、それがもっと楽しんで撮影することができる原動力」と述べた。
ドラマ撮影のメイキング写真を見ながら対話をする時間では、公開後に話題になったシャワーシーンの腹筋に対して、「僕は筋肉を自由自在にふやしたり減らしたりできる」と言ってファンの歓声を誘った。
現在ジェジュンは、「スパイ」で天才的な頭脳を持った国情院の情報分析官ソヌ役を演じて、カリスマと甘い魅力とを行き来しながら、まったく正反対の眼差しで視聴者をドラマに引き込んでいく。「スパイ」に対する韓国の視聴者の反応も良い。このドラマは9日に初放送で7.9%という視聴率を記録した。ジェジュンを始めとして、ベ・ジョンオク、ユ・オソンなどベテランの演技者も好評を得ている。
C-JeSによれば日本の関係者は「韓国でも放送してから4回にしかなっていないのに、ここに集まったすべてのファンが既に『スパイ』の内容はもちろん、ドラマでジェジュンが演じるキャラクターの“ソヌ”に対する愛情も爆発的で本当に驚いた。これもジェジュンの人気を実証してくれるもののひとつだ」と意見を述べた。
ジェジュンの「2015 KIM JAE JOONG J-PARTY IN YOKOHAMA」は、22日にもその熱気を引き継ぐ予定である。

<写真> C-Jesエンターテイメント提供

2015.01.22

blank