【全文】訃報が報じられた韓国有名BJアジタン、知人が救出=直接無事を伝える

自殺を図って死亡したと報じられたBJアジタンが、知人に救出され生きていたことがわかった。アジタンは直接近況を伝え、一般人に戻ると明かした。

BJアジタンは22日、自身のAfreeca TV放送局の掲示文に「DSLR装備無料分かち合いをします」というタイトルの書き込みを残した。アジタンは「生きていることに、わたしを救出してくれたイゴンサムゴンさんとわたしの姉ヘスと、わたしの友人ソヘにも感謝します。今後はこんな事はないと思います」と伝えた。

一方、去る21日、BJアジタンの知人は21日、彼女のAfreeca TV放送局に「今日、良いところに行きまた」というタイトルでお知らせを掲載。「わたしはいつもそばにいた知人です。このアカウントは明日退会しようと思います」とし「これまでいつもありがとうと言っていました」とし、アジタンが死亡したと伝えていた。

しかし、周りの知人らの助けにより、カンナム(江南)のある病院へ搬送され、その後無事に治療を受けたことがわかった。

以下、アジタンの掲示文全文。

こんにちは。

わたしは今、夕食でおかゆを食べて良くなりました。

まず、わたしのせいで被害を受けたシジョセさん、ロランジュンさん、マネジャーに心からお詫びします。

映画館に行く途中、いきなり他人から石を投げられ、すべてわたしが放送で作り上げたわたしの行いで、わたしのイメージだったのに。

正直あの日、あの人たちを捕まえて放送で暴露するように、何か言うべきだったのに。いきなりエスカレーターで悪口を言われて、頭が真っ白になって、実は捕まえようと追いかけて行ったけど、ロッテワールドタワーのエスカレーターはとても長いです。映画館が5階だと、7階まで一気に上がる構造なので、足も短いので頑張って走ったけれど、捕まえられませんでした。

悔しくてシジョセさんや、ロランジュンさんにひどく悪いフレームをかぶせようとしたのも軽率だったと思うし、マネージャーもわたしのことを考えてそうしたのに、マネジャーにひどく接したようで、申し訳ない気持ちです。

(2ページに続く)

2020.09.23

blank