<トレンドブログ>BTS(防弾少年団)ジョングク、うわさ通りの伝歌唱力にレトロイケメンビジュアル…目と耳が幸せ

BTS(防弾少年団)ジョングクが、メインボーカルにふさわしい歌唱力で耳が幸せになるライブを披露しました。
21日午後(現地時間)、アメリカの公共ラジオ放送NPRの音楽番組「Tiny Desk Concert_」にBTSが出演してライブステージを公開しました。
この日BTSは、バンド形式で新曲「Dynamite」、2016年の曲「Save ME」、2017年の曲「Spring Day」など3曲を披露しました。
ジョングクは、頼もしいボーカルの実力が引き立つライブで特別な存在感をアピールしました。ジョングクは喉をひっかくようなグローリング唱法で、最初の曲「Dynamite」の導入の単独パートを大胆かつエネルギッシュに披露しました。

彼独自の澄んだ清らかな音色が引き立つ声量のある声で一座を圧倒し、超高音パートまで揺らぐことなく歌いこなして「実力派アイドル」であることを納得させました。
ジョングクは魅力的なボイスで曲ごとにバックボーカルを入れるなど和音を加え、美しいハーモニーが人々の耳を虜にしました。

これと共にカラフルなレトロルックもぴったりと着こなすジョングクの見事なビジュアルは、目の保養まで担当しました。
これを見たファンは、「目と耳が、ひたすら幸せ」「顔、ボーカルの名店」「ジョングク、歌唱力最高」「ここが天国ですか?」「サイダーのような高音、すっきりした」「ジョングクの声自体が楽器だ」「音色の虜になる」「とてもうまい」などの反応を集めました。

現地メディア「allkpop」は、「Tiny Deskでジョングクが結晶のように澄んだボーカルと美しいアドリブで視聴者を驚かせた」と報道しました。
加えて「BTSのメインボーカルが、魅力的な歌唱力で高品質のライブステージを披露し、多くの人々が演奏の腕前に賛辞を送った」と伝えました。また、「ジョングクがボーカルキングであることを再度証明した」と付け加えました。
ジョングクは「次は、パフォーマンスと一緒にお見せできる機会があればいいです」としながら、「今はこのように困難な時期ですが、私たちみなが、早く春が来ることを願っています」と希望のメッセージを伝えました。

WOW!Korea提供
韓国の最新トレンドを紹介するブログ | コリトピ

  • BTS(防弾少年団)RM、僧帽筋に視線集中!”後ろ姿もあったかい”
  • 「公式」BTS(防弾少年団)、「Dynamite」の振り付けバージョンMV「フォートナイト」パーティーロイヤルで初公開
  • BTS(防弾少年団)「Dynamite」米「ホット100」で2週連続2位の快挙!1か月に経って変わらない真の人気を実証
  • 「BTS(防弾少年団)」、国連総会の特別スピーチに…未来世代のための希望のメッセージ
  • 2020.09.22

    blank