「コラム」いま読みたいパク・ソジュン特集10「魂を揺さぶられるドラマ」

この『梨泰院クラス』というドラマは、主役のパク・セロイの復讐劇がメインのストーリーになっていたが、視聴者が大いに満足できる結果となった。それにしても、今の時代にパク・セロイというキャラクターはどんな意味を持っているのか。

写真=JTBC『梨泰院クラス』公式サイトより

大いに刺激を受けたドラマ

もともと、パク・セロイは融通が利かない男で、頭を下げることができずにすべてを失った。辛い境遇に遭い、失意のまま梨泰院(イテウォン)にやってきた。
梨泰院と言えばソウル有数の繁華街で、人間の欲望が渦巻く街だ。その中で、パク・セロイは大いに刺激を受けて、新しい人生に踏み出していく。言ってみれば、梨泰院は復活の街になったわけだ。
今は混沌とした時代だが、その中でもチャレンジ精神に溢れる若者たちがいる。その象徴となったのが、梨泰院で新しい野望に目覚めたパク・セロイだった。
彼は、復讐を果たすことをモチベーションにして、全霊で戦いに挑んだ。そうした勇気を持った若者たちが、新しい時代を作っていける。

パク・ソジュンが演じたパク・セロイに、勇気をもらった人が多いことだろう。だからこそ、『梨泰院クラス』は最終話まで人々を刺激し続けたのだ。本当に『梨泰院クラス』は、魂を揺さぶられるドラマだった。

文=康 熙奉(カン・ヒボン)

いま読みたいパク・ソジュン特集1「『キム秘書』は落差を楽しむドラマ」

いま読みたいパク・ソジュン特集2「『パラサイト』にも出演!」

いま読みたいパク・ソジュン特集3「『キム秘書』の演技の変化とは?」

いま読みたいパク・ソジュン特集7「ナルシストの役が最高だ!」

いま読みたいパク・ソジュン特集8「『キム秘書』で自分と逆の役を演じた!」

2020.09.20

blank