米フォーブス、MONSTA Xショヌ&ミンヒョクのデュエット曲を集中的に報道し絶賛

グループMONSTA Xのショヌとミンヒョクが、初のOST(挿入歌)でアメリカの経済専門誌フォーブス(Forbes)のスポットライトを浴びた。
14日(現地時間)、フォーブスは自社のホームページや公式SNSに「MONSTA Xのショヌ&ミンヒョクのデュエットで、2020年の音楽活動拡張」(Monsta X Continue To Expand 2020 Music Activities With Shownu&Minhyuk's Duet)というタイトルのコラムを掲載した。

フォーブスは、「MONSTA Xは、2020年現在まで韓国語、英語、日本語のトラックをはじめ、ミックステープ、OSTなどグローバルな活動をしてきた」とし、「最近では、グループ内のふたりのトップボーカリストが新しいデュエットOSTの新曲を発表して、K-POPボーイズグループとしての彼らの音楽のスペクトルを広げている」と説明した。

続いて「DAUMのウェブ漫画『趣向狙撃の彼女』とのコラボOST『HAVE A GOODNIGHT』は、ショヌとミンヒョクがデビュー以来初めて一緒に挑戦したOSTで大きな意味がある」とし、「曲でメンバーそれぞれが幅広い音域を見せ、適切な調和を成した」と評価した。
MONSTA Xは、今年秋発表を目標にニューアルバムを準備中だ。

  • 「公式」MONSTA X、”秋のカムバックを目指し準備中。詳しい時期は未定”
  • 「アイドルeスポーツ選手権大会」開催…「MONSTA X」、「IZ*ONE」らゲームドルたち総出動
  • 元「MONSTA X」ウォノ、全世界捕らえた「Open Mind」MV…ハリウッド俳優もリアクション
  • 「MONSTA X」ショヌ、“MONBEBE、おやすみ”…ミンヒョクと熟眠に誘うビジュアル
  • 2020.09.16

    blank