「取材レポ」KARAの妹 RAINBOW  7色の魅力炸裂!日本初単独ライブが大盛況!

20130922-rainbow11

 

 

KARAの妹グループとして日韓で活躍中の人気7人組ガールズグループRAINBOW(レインボー)が日本デビュー2周年を迎えた9月22日(日)、東京・ラフォーレミュージアム六本木にて「RAINBOW FESTIVAL 2013」を開催。

日本初の単独公演となる同公演は「1st show」が韓国語の楽曲を中心に、「2nd show」は日本語の楽曲を中心にと2部形式で準備された。

 

午後1時の開演時間を少しまわり、会場を埋め尽くすファンたちの期待感がMAXに達した瞬間、野球のユニフォームをイメージした赤いミニの衣装で、リーダー・ジェギョン、ウリ、ジスク、ノウル、スンア、ユネ、ヒョニョンの7人が登場。

割れんばかりの大歓声の中、「SUNSHINE」でオープニングを飾ると会場のテンションは一気に上昇。

 

続いて「TO ME」とアップテンポの楽曲でファンをさらに盛り上げ、「トゥヌヌル カムコ(=両目を閉じて)」ではステージが一変、椅子に座り語りかけるように歌うと会場の男性ファンはもちろん、女性ファンをも虜にした。

「みなさん~!私たちはキラキラ7色のRAINBOWで~す」とメンバー全員であいさつ後、

それぞれが自己紹介。

 

20130922-rainbow3

日本初の単独公演に対し、「心配しました」というリーダー・ジェギョン。

「何故なら私たちの事をファンのみなさんが忘れてしまっていたら…と心配しました」と話すと会場からは大きな応援の声が上がった。

「久しぶりにみなさんに会ってドキドキしています」と心境を述べ、「私たちのアルバムを見ながら、どんな曲を歌ったらみなさんが幸せになれるか悩んで、たくさんの曲を準備しました」と同公演への意気込みも明かした。

 

今回の来日についてジェギョンは「空港に着いた時にたくさんのファンが出迎えてくれたのがとてもうれしかったです」と話し、「日本でフローズン生のビールを体験したい」と打ち明け、ファンの笑いを誘う一幕も。

ポップでキュートな楽曲「In Love」を披露したあと、「ルームメイトのヒョニョンちゃんとビヨンセになりま~す」とジスクの紹介でジスク&ヒョニョンで「Litsen(Beyonce)」を熱唱。

 

リードボーカルのジスク、メインボーカルのヒョニョン、ふたりのコラボレーションから生み出される迫力ある歌声は場内に感動を与え、ふたりのハーモニーにファンはうっとりと酔いしれた。

続いてスンア、ジスク、ヒョニョンの3人で結成されたユニットPixieも登場。

ファンと一緒に「Hoi Hoi」を元気に明るく歌い、イベントを最高潮へと導いた。

20130922-rainbow5

 

 

Tシャツとそれぞれのイメージカラーのショートパンツで再登場したRAINBOW 。

 

“素顔のRAINBOWをお見せします”と題したトークコーナーではジェギョンが流暢な日本語でテンポよくリードし、カリスマリーダーぶりを発揮。

現在寮で共同生活をしているRAINBOWの7人。

気になる部屋割りを聞いてみると、まずはジスクとヒョニョンの通称ビヨンセ部屋。

そしてジェギョンとユネのセクシー&ラブリー部屋、そしてスンア、ノウル、ウリの掃除が大好きなA型3人部屋と紹介。

 

役割分担は料理が上手なジェギョンが料理担当、計算が得意なジスクは経理担当と紹介されると、いつもひとりでソファーを占領しているウリはソファー担当だとメンバーからツッコミが入り、会場は爆笑。

またミュージカル「グリース」のサンディ役で出演するスンアは「いつもいつも、歌の練習をしているので、ミュージカル担当です」とし、ミュージカルの一節を生披露、会場を沸かした。

 

他にも二人ずつ交代で掃除をするのがルール、共同生活することで社会勉強にもなったなど、次々と語られ、最後に仰天エピソードも飛び出すなど、メンバーの素顔が次々と浮き彫りに。

 

20130922-rainbow12

 

 

トークコーナーやプレゼントコーナーでファンとの距離をさらに縮めたRAINBOWは個性的なダンスの「Mach」、“おへそダンス”で話題の日本デビュー曲「A」の韓国語バージョンを届け、アンコールを含め10曲をパフォーマンスし、大絶賛を受けた。

公演を終えて感想を尋ねられたメンバーは「私は楽しかったです。本当に、本当に、本当に~楽しかったです(ヒョニョン)」「私は公演が終わって、残念です。本当に、本当に、本当に~残念デス(ノウル)」「みなさんが来てくれて、本当にありがとうございました(ユネ)」

「昔も今も観に来てくれてありがとうございます。私たちもがんばりますので、応援をよろしくおねがいします(ジスク)」「私たち、(日本デビュー)2周年ですね。もっと、もっと(みなさんと)日本で会いたいです(ウリ)」「本当にありがとうございました。私たちはずっとファンのみなさんのそばにいますので、たくさん応援をお願いします(スンア)」

とそれぞれが答えた。

 

リーダー・ジェギョンが「最初、コンサートを準備した時とても心配しました。でもこんなにたくさんの方が来てくれて本当にありがとうございます。これからも日本でも韓国でも活動を一生懸命します。」とあいさつ、ジェギョンの「今まで」を合図に「RAINBOWでした~(全員)」と明るく元気に呼びかけ、イベントを締めくくった。

 

ときにはキュートに、ときにはセクシーにと虹のように7色の魅力でファンを魅了したRAINBOWはアンコールを含め10曲を披露し、初単独イベントを大盛況で飾った。

イベント終了後にはハイタッチ会も行われ、ファンひとりひとりと強い絆を深めた。

4年間の準備を経てデビューした実力派のガールズグループとして日本でも人気を誇るRAINBOWのこれからの活躍がますます期待される。

 

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

20130922-rainbow4

 

RAINBOW JAPAN OFFICIAL FANCLUB http://www.rainbowweb.jp

 

2013.09.24

blank