<DATV>人権をテーマにした痛快ヒューマンドラマ!『走る調査官(原題)』DATVで10月 第1話先行放送、11月 日本初放送!

© STUDIO DRAGON CORPORATION

 

骨太社会派ドラマを放送する韓国ケーブルテレビ局OCNが制作する人権をテーマにした痛快ヒューマンドラマ!
『走る調査官 (原題) 』
DATVで 10月 第1話先行放送、11月 日本初放送!

株式会社ストリームメディアコーポレーションは、自社テレビ局「DATV」において、『走る調査官(原題)』を11月、日本初放送することに決定いたしました!それに先立ち、10月には第1話先行放送いたします!

『走る調査官(原題)』は、『ボイス~112の奇跡~』や『ミスター期間制(原題)』など数々の骨太ドラマを放送してきた韓国ケーブルテレビ局OCNが制作した、人権をテーマにした痛快なヒューマンドラマ!韓国の国家人権委員会をモチーフにした仮想の組織“人権増進委員会”の調査員たちが、人権侵害を受けた人たちのために奮闘し、事件の裏に隠された鬱憤を晴らすため、体当たりでぶつかり活躍する姿を描く。

もどかしい現実に痛快な一撃を与える“サイダーコンビ”こと、実力派俳優のイ・ヨウォン(『善徳女王』、『馬医』)とチェ・グィファ(『哭声/コクソン』、『色男ホ・セク』)の息の合った演技が見どころ!イ・ヨウォンは徹底した中立を守る冷徹な原則主義者であるハン・ユンソに、チェ・グィファは並々ならぬ正義感を持った検事出身の行動派調査官ペ・ホンテに扮する。初めはぶつかりあうユンソとホンテだが、人権問題の解決のために力を合わせて立ち向かう姿は痛快そのもの!
胸にじんとくる感動を与え、共感を呼び起こす骨太社会派ドラマをお見逃しなく!今後もDATVのラインナップをお楽しみに!

(2ページに続く)

2020.09.06

blank