「コラム」入隊前のパク・ボゴム特集12「有望なSFジャンルにチャレンジ!」

作品ごとに自分の俳優像を確立してきたパク・ボゴムが新たに取り組んだ映画『徐福』。コン・ユとの共演でも大きな話題を呼んだが、編集作業もおわり、今は韓国での公開を待っている状況だ。

人類初のクローン人間

現在、韓国映画で特に有望なジャンルと言われているのがSFだ。
CGなどを使ってスケールが大きなストーリー展開ができるメリットがあり、最近はヒット作も相次いでいる。
そういう背景があって、SF映画への投資も盛んになっている。それだけ資金が集まるので、超一流の俳優とスタッフを起用することができる。映画『徐福』はそんな環境に恵まれた作品だと言える。
この映画は、人類初のクローン人間をめぐる人間同士の暗躍を描いている。そのクローン人間に扮するのがパク・ボゴムだ。遺伝子の組み換えによって人造的に作られた複製人間であり、特異なキャラクターとなる。そんな役に扮するパク・ボゴムは「今までに前例のない役を引き受けた」と言える。
多くの批判が待ち構えていることも覚悟しなければならないが、パク・ボゴムは決して躊躇しない。新しい役にチャレンジしたいという前向きな気持ちがまさっているのだ。

このところ、パク・ボゴムは『雲が描いた月明り』で朝鮮王朝時代の世子(セジャ)になり、ソン・ヘギョと共演した『ボーイフレンド』では純粋な現代青年を演じた。
しかし、『徐福』では一転して人類初のクローン人間になっている。SFという有望ジャンルでどんなイメージをプラスしようとしているのか。
新しい映画の公開が待たれる。

文=「ロコレ」編集部

入隊前のパク・ボゴム特集1「『雲が描いた月明り』のイ・ヨンとは?」

入隊前のパク・ボゴム特集2「主人公イ・ヨンを語る」

入隊前のパク・ボゴム特集3「温かい人柄を実感!」

入隊前のパク・ボゴム特集10「笑顔が万人を魅了する」

入隊前のパク・ボゴム特集11「試練を慈愛に昇華させた!」

2020.08.30

blank