PSY、3年連続アメリカでKポップムービー1位、「記録は続く」

image

歌手PSYの「HANGOVER」のミュージックビデオが、2014年、ポップの本場アメリカで一番多く見られたKpopミュージックビデオの1位に選定された。

最近アメリカビルボードは、YouTubeのアクセス数を基本として、「2014年アメリカで一番多く見られたKpopミュージックビデオ」の順位を発表した。その中で、PSYの「HANGOVER」のミュージックビデオが1億7千ビューを突破して、1位を占めたことで注目を集めた。去年6月9日、 YouTubeに載せられたこのミュージックビデオは、15日を基準に1億7210万ビューを越えて、2億ビューに向かっている。

特に、PSYは2012年「江南スタイル」、2013年には「GENTLEMAN」に引き続き、3年連続この部門の1位を占めて、「ミュージックビデオキング」としての面子を保って注目を集めた。

「江南スタイル」は、15日を基準に22億870万ビュー、「GENTLEMAN」は、7億8330万ビューを突破、粘り強く記録を更新して相変らず人気を独占している。

「HANGOVER」は、ヒップホップスタイルと韓国の国楽器を結合して韓国特有の感性を初公開した曲である。韓国特有の飲酒文化をウィットを利かせて表現したミュージックビデオには、アメリカの俳優でありヒップホップMCのSnoop Doggを始めとして、BIGBANGのG-DRAGONと2NE1のCLのカメオ出演で話題を集めた。

「江南スタイル」でダントツのヒット数を保有したPSYが「GENTLEMAN」と「HANGOVER」で、また新しいの記録を作って行くのかが注目される。

2015.01.16

blank