「セブンティーン」がエル初登場!『エル・ジャポン』10月号(8月28日発売)はファッションのニューノーマルを徹底調査「withコロナのおしゃれ革命」!

世界45の国と地域で発行され、世界最大級のネットワークを持つ女性ファッション誌『ELLE Japon(エル・ジャポン)』は、フレンチアイコンであるレア・セドゥを表紙に迎えた10月号「withコロナのおしゃれ革命」を8月28日(金)に発売します。

■withコロナのおしゃれ革命
withコロナ、さらにafterコロナに備えた新しいおしゃれは、ポジティブでハッピー、そして心地よくてサステナブルであることが大切であると考える「エル」が、スタイリストやバイヤー、エディターなどのリアルな意見を大調査。自分も世界も幸せになれるファッションを提案します。また人気スタイリストの仙波レナさんと長澤実香さんがファッションが向かうべき未来や、今だからこそ発揮されるファッションのパワーについて語り合うファッション対談も。「今着たいのはポジティブになれる服!」「“心地よさ”こそ最高のおしゃれ!」「ファッションが幸福な未来をつくる!」「ジェンダーから解放された自由な着こなし」「ずっと大好評!永遠のアイコニックスタイル」を5つのテーマとして、さまざまな角度からファッションのニューノーマルを考える特集を26ページにわたってお届けします。

■世界で活躍する「セブンティーン」がエル初登場!
豊かな音楽性と歌詞で、世界中に多くのファンをもつK-POPグループ、セブンティーン。9月には待望の2枚目となる日本語のミニアルバム発売を控える彼らの魅力を、美しいグラビアと共にお届けします。また8ページにわたる本特集では、スペシャルインタビューも収載。デビューから5年たった今、ファンへ向けた思いや、これからの活動についてもたっぷりと語っています。

■ELLE MEN 吉沢亮「魅惑する吉沢亮」

人気不定期連載「エル・メン」には、2021年の大河ドラマの主役が決まっている人気俳優・吉沢亮さんが登場。作品を重ねるごとに俳優としての存在感を増している吉沢さんの、美しくもミステリアスな素顔に大接近!インタビューでは吉沢さんが今ハマっているものや、人付き合いのスタンスなどについての話も。

【本誌インタビュー抜粋】
新作映画のタイトルに絡め、自身の「青くて痛くて脆い」部分について聞かれると
「“青い”のは、感情がすぐ顔に出ること。言葉にするのが苦手で態度に出てしまうのがダサい。“痛くて脆い”は、いじられ慣れてなくて、返し方がわからずただ悲しくなってしまうこと。今はそんなにないですけど、怒られることにも弱いです」

(2ページに続く)

2020.08.27

blank