【時代劇が面白い】ハ・ジウォンのドラマにはいつもワクワクさせられる!

写真=韓国KBS公式サイトより

 

韓国の芸能界において、ハ・ジウォンは独特なポジションを持っている。数々のヒット作を見てわかるとおり、彼女はどんな役を演じても、自分を完全に昇華できるタイプの女優なのである。

 

印象的な主演作
ハ・ジウォンが主役として鮮烈な印象を残したのがドラマ『チェオクの剣』だった。制作は2003年で、ハ・ジウォンが25歳のときの主演作である。
ハ・ジウォンは『チェオクの剣』で、抑圧された時代に合わせて、繊細で耐え抜く演技を披露していた。
このドラマのヒットで彼女は大ブレイク。2003年のMBC演技大賞では、最優秀賞、人気賞、ベストカップル賞を受賞して話題をさらった。

2004年にはチョ・インソン、ソ・ジソブとドラマ『バリでの出来事』で共演。この作品は衝撃的なラストシーンで視聴者に強烈な印象を残したが、ハ・ジウォンのはじけるような演技も大きな注目を集めた。
そんな彼女が次に心血を注いだのが『ファン・ジニ』(2006年)の主演だった。
ファン・ジニに扮するにあたってハ・ジウォンは、当代随一の妓生(キセン/宴席で歌舞を披露する女性)としての自尊心を随所に見せながら、苦難に打ち勝とうとする意思を強く演技するように心掛けたという。

特にすばらしかったのが、主人公のファン・ジニになりきっていたハ・ジウォンの舞である。確かに、頭上から撮った躍動的なカメラワークが効果を上げていたが、それ以上に目を見張ったのが、ハ・ジウォンの華麗で羽ばたくような身体の動きだった。
その姿は、「華麗に舞うことが情熱的に生きることなのだ」と視聴者を大いに納得させた。ハ・ジウォンはまさに本物の「女優」に成長した。
(ページ2に続く)

美しさを保つ女優ハン・ヒョジュが大好きなものは?

トンイ(淑嬪・崔氏)は陰で何を画策していたのか?

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

『トンイ』と史実!張禧嬪(チャン・ヒビン)の最期がまるで違う

トンイ(淑嬪・崔氏)が王宮入りした経緯が怪しい!

2020.08.18

blank