【時代劇が面白い】朝鮮王朝で一番有名な「三大悪女」とは?

朝鮮王朝時代に女性たちは、本当にたくましく男尊女卑の社会を生き抜いていました。実際、韓国時代劇には男を手玉に取る女性が数多く出てきます。その中で特に有名なのが「朝鮮王朝3大悪女」です。この3人とは、張緑水(チャン・ノクス)、鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)、張禧嬪(チャン・ヒビン)です。果たして、どんな女性だったのでしょうか。

大物女優が演じた悪女
まず、張緑水から説明します。
彼女は、暴君として朝鮮王朝の歴史で一番評判が悪い10代王・燕山君(ヨンサングン)の側室でした。王宮にあった財宝を勝手に持ち出すという強欲ぶりで、燕山君の悪政に加担しました。
よほど周囲から怨みを買っていたようで、燕山君がクーデターで王宮を追放されたあとに、憎悪を持つ人たちによって彼女は襲われて斬首になっています。
その遺体に庶民が石を投げ続け、やがて石塚ができたそうです。張緑水は人々にここまで憎まれたのです。
一方、鄭蘭貞は、11代王・中宗(チュンジョン)の3番目の正室だった文定(ムンジョン)王后の手先だった女性です。
この文定王后は自分が産んだ息子を王位に就けるために様々な陰謀をめぐらした王妃で、その悪事の実行役になったのが鄭蘭貞です。


韓国では、大ヒットした時代劇の『女人天下』で主人公になり、とても有名になりました。なにしろ、『女人天下』で鄭蘭貞を演じたのが大物女優のカン・スヨンで、それだけで話題になりました。
(ページ2に続く)

 

張禧嬪(チャン・ヒビン)!側室に転落した王妃

朝鮮王朝三大悪女の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は救いようがない悪女!

鄭蘭貞(チョンナンジョン)!「朝鮮王朝三大悪女」の悪行

張緑水(チャン・ノクス)!朝鮮王朝三大悪女の浪費ざんまい

文定(ムンジョン)王后!悪名高き王妃

2020.08.06

blank