SE7EN、「不朽の名曲2」で最終優勝を獲得…歌謡界を席巻したレジェンドたちを抑え情熱あるパフォーマンス

 

その名に恥じぬダンスクイーンの魅惑的なステージは、皆をスタンディングオベーションに導いた。名曲判定団(審査員)はチェヨンのステージに支持を送り1勝を獲得した。

今もなおアイドルグループの「SHINHWA」として活動中のチョンジンは3番目で「Wa」のステージを披露した。数多くのアイドルたちのロールモデルである彼は、パワフルなダンスを誇るレジェンドステージを完成した。これにチェヨンを制し1勝を獲得した。

4番目にステージに上った男性ソロ歌手のSE7ENは、「久しぶりに出演するだけにとても準備した」とし、「爽快なダンスナンバーを準備した」と述べた。彼は自身のヒット曲「情熱(Passion)」をアレンジしてステージに立った。緊張しているのか歌を歌う前に水を1杯飲みスタートした。

このステージを通じて柔らかいカリスマの“イケメンダンシングマシーン”SE7ENの真価を今一度確認することができた。依然として留まることのない熱い情熱がステージを埋め尽くした。

別名“韓国のリッキー・マーティン”ホン・ギョンミンと、“テコンドー・トロット”で知られるナ・テジュが出会いデュエットステージを完成した。2人は「揺れ動く友情(Shaky Friendship)」を披露した、想像をはるかに超える2人の男女によるパフォーマンスが深い印象を与えた。しかしSE7ENが2勝を獲得し決勝に向けて進んだ。

最後に依然として話題に上る1990年代最高の男女ユニット「ZAZA」も出演しステージに上った。郷愁を刺激する彼らの幻想的なダンスパフォーマンスは皆の嘆声を呼ぶのに十分だった。皆が「ZAZA」の「バスの中で(In the bus)」を一緒に歌った。

名曲判定団の選定結果、2勝を挙げたSE7ENが「ZAZA」を抑え最終優勝を獲得した。

 

WOW!korea提供

・<トレンドブログ>SE7EN、運動中にジムでカシャッ!!

・SE7EN、歳月を逆行する童顔イケメン…本当に37歳?

・「PHOTO@高陽」SE7EN、ファンに向けた温かいハート…バラエティ番組「タプコルラプソディ」に出勤

タビテレ(dTVチャンネル®) オリジナル番組『韓流スターTV』 第11話 SE7EN 5/30(土) 配信!! ~八ヶ岳エリアで乗馬やワインを楽しむ旅番組!SE7EN からコメントも到着~

2020.08.01

blank