「APRIL」イ・ナウン、学校暴力論議に所属事務所・同級生も「事実無根」主張

「APRIL」イ・ナウン、学校暴力論議に所属事務所・同級生も「事実無根」主張

事実無根。

所属事務所も、一緒に学生時代を過ごした同級生も四文字の同じことを言った。「APRIL」やイ・ナウンの学校暴力は、「事実無根」とのこと。所属事務所の強硬対応の立場が出た後、「事実無根」を主張していた文章は、光の速度で削除された。

開始はあるコミュニティの文だった。自分をイ・ナウンの小学校の同級生と主張したAさんが、学校暴力を受けたという文を上げた。

Aさんは、イ・ナウンから酷い暴言を聞いて塾をやめなければならなかったと主張した。また、A氏は「小心な性格なので理由を聞けず、単独で意気消沈していた。するとイ・ナウンが私指さし卑下した」と書いた。

続いてAさんは「イ・ナウンにいじめられたのがあって、小学校の時たくさん泣いた。家族も、その事実を知ってから放送を見るたびに歯が浮く」とし「お前は忘れてしまったか分からないが私はこのことを詳しく覚えている。あなたを放送で見て過ごそうとすると辛い」と謝罪を要求した。

その議論が上がり、イ・ナウンの所属事務所DSPメディアはすぐに動いた。 DSPメディアは「コミュニティに掲載された文章を認知した時点からアーティスト本人だけでなく、周辺の知人を介して綿密な検証プロセスを経ており、事実無根という結論を下した」と明らかにした。

続いて「今回の件と関連し、当社は、文掲載時点以降のすべての資料を収集しており、今日、法務法人を選任して強硬に法的対応を進めることを決めた」と説明した。

DSPメディアは「今後、当社アーティストの虚偽事実の流布及びこれを流布する行為について強く対応する予定。いかなる善処や合意はないことを申し上げる。瞬間の喜びのために誤った判断をすることがないように願う」と強く警告した。

所属事務所が「事実無根」という立場を明らかにしたのに続いてイ・ナウンの小学校の同級生もこれに力を加えた。この小学校の卒業生は、イ・ナウンと同じ小学校に通ったという証拠として、アルバムの写真を証拠として送信もした。

イ・ナウンの小学校の同級生は「イ・ナウンが学校暴力を犯したことは話にならない。友達と万遍なく仲良く過ごしたことを覚えている。顔もきれいで、心も優しく、先生たちにも好かれていたことを覚えている」と述べた。

特に「イ・ナウンは、学校に通う時、明るい友達だった。学校暴力は全く事実無根である」と主張した。

イ・ナウン側が学校暴力論議に強硬対応の立場を明らかにした後、その議論を提起した文は、削除された状況。

イ・ナウンは現在SBS「人気歌謡」のMCとして活躍中。彼女が属する「APRIL」は29日、夏のスペシャルシングル「Hello Summer」を発表して「NOW OR NEVER」で活動を予告した。

WOW!korea提供

  • 全文】「APRIL」側、「イ・ナウンに関連する虚偽事実の流布に強硬対応…善処ない」
  • カムバック「APRIL」、チェギョン×チェウォンのコンセプトフォト公開…清涼な夏のエネルギー発散
  • 「APRIL」、29日カムバック確定…夏に似合う新しい清涼魅力
  • 「APRIL」、7月に新曲発表へ=3か月ぶりのカムバック
  •  

    2020.07.24

    blank