【情報】韓国ミレニアル世代の若手新鋭アーティストを紹介するプロジェクト「cloline M」がサービス開始!

clolineは、「ミレニアル世代のクリエイターが、国境をこえて活躍できる世界を作る」というMissionの元、カルチャー・エンターテイメント領域を中心に、若手クリエイターが国を問わず活躍できる場の提供を目指しています。

現在は、韓国の新鋭クリエイターズブランドを販売するセレクトショップ「cloline」を運営し、ファッション領域を中心に事業展開しています。
(clolineについて:https://clolline.online/

この度、ファッション領域にとどまらず、音楽、アート、デザイン、映画といった様々なカルチャー領域への事業展開に向けて、「cloline M(クロリネ エム)」という新しいサービスラインアップをローンチし、韓国のミレニアル世代の若手アーティストと日本企業をつなぐ音楽事業を開始します。
(cloline Mについて:https://cloline.online/pages/cloline-m

■ サービス開始の背景にあるトレンド
BTSやBLACKPINK、TWICEの活躍。
パラサイト 半地下の家族のアカデミー賞受賞。
愛の不時着や梨泰院クラスといった韓国ドラマの人気急増。
韓国カルチャーは、日本のミレニアル世代を中心にこれまで以上に強い共感を得ています。

音楽市場においては「K-POP」と呼ばれる、アイドルグループの活躍に目が向けられがちですが、日本のミレニアル世代にとって韓国の音楽シーンはアイドルにとどまりません。
Jay Park率いるAOMGのヒップホップサウンドやZion-T、DEAN、Crushなど、今時のお洒落でチルな楽曲からHYUKOHのようなバンドミュージックまで。R&B、クラブ、オルタナティブ、シティポップなど多岐に渡り、これら様々な音楽領域での日韓での交流は今後ますます進んでいくと考えています。

ドラマや番組の挿入歌であったり、「覆面歌王」のような音楽番組でカバーされたり、「SHOW ME THE MONEY」「PRODUCE(プデュ)シリーズ」などの競演・オーディション番組がきっかけになったりと、様々なコンテンツを通して日本のミレニアル世代はK-POP以外の音楽にも既に触れ始めています。

■ 事業内容
「cloline M」は、様々な音楽シーンで活動する韓国の若手アーティストを発見し、日本企業に紹介するプロジェクトです。
7月以降、cloline Mの最初のピックアップコンテンツとして韓国の若手アーティストによる音楽プロジェクト「Kyejeol Live(ケジョル ライブ)」を取り上げ、登場するアーティスト情報を発信していきます。

主な事業内容
- 韓国の若手アーティストの紹介
- イベント、ライブ、オンラインライブの企画

■ Kyejoel Live(ケジョル ライブ)
季節の中のアーティスト、
彼らのライブ。
四季をテーマに、ライブの音色と空間が調和する音楽を映像でお届けします。
Kyejeol Liveは、映像タイトルにat Morning, at Early Night, at Sunsetなどが入り、最も楽曲の雰囲気と調和する一日の特定の瞬間を切り取り、音楽で表現します。
自宅で過ごしながら、屋外のライブを楽しんだような、自然と調和する映像で癒されたような観賞後感が残るでしょう。

 

 

(2ページに続く)

2020.07.15

blank