「全知的おせっかい視点」ユン・ドゥジュン(Highlight)、放浪者撮影旅行…イ・ヨンジャ、モクパンテレサに

「全知的おせっかい視点」ユン・ドゥジュン(Highlight)、放浪者撮影旅行…イ・ヨンジャ、モクパンテレサに

ユン・ドゥジュンが“放浪者”コンセプトでの撮影に挑んだ。

4日に放送されたMBCのバラエティ「全知的おせっかい視点」では放浪者コンセプトで撮影に挑んだユン・ドゥジュンとモクパンテレサになったイ・ヨンジャの姿が放送された。

この日、韓国ボーイズグループ「Highlight」のリーダーであるユン・ドゥジュンとマネージャーの日常が公開された。この日のユン・ドゥジュンは自身初のシングルアルバムの録音とポスター撮影が行われたと明かされた。ユン・ドゥジュンが撮影中にまぶしいと言うと同時に日傘を持ったマネージャーのチン・イクヒョンが登場した。

マネージャーは「一緒に仕事をし始めて3年になる。同い年で、すごく仲も良い。戦友愛が感じられるそうだ」と言った後、「除隊して2か月が経ったにも関わらず、軍隊での話ばかりする」と伝えた。マネージャーの姿にユ・ビョンジェは「Defconnじゃないの?同い年だって?」と言い、笑いを誘った。

ユン・ドゥジュンはヘアショップで髪を切ってもらえるように話し、ヘアデザイナーは「頻繁に切りすぎだよ。もう切らないで。まだ軍隊にいた時が恋しいの?」とため息をついた。これにユン・ドゥジュンは「少し前に「なんで軍人は髪が短くないといけないの?」という動画を見たんですが…僕の顔が映ったんです」と胸いっぱいの様子を見せた。

ユン・ドゥジュンが軍隊にいた頃「ガールズグループはみんな好きだった」と明かすと、ソン・ウニは「(ユン・ドゥジュンが)軍隊にいた頃、セレブファイブも活動してた」と話しながら期待しただ、ユン・ドゥジュンは「応援してました」とだけ答えて笑いを誘った。

マネージャーはユン・ドゥジュンが制作から撮影まで「放浪者ユン・ドゥジュン」コンセプトで映像を企画する予定だと伝えた。また、「僕も撮影が好きだし、旅行も好きなので、そわそわしている状態だ」と言った。ユン・ドゥジュンが「僕たち、何時に出発する?」と聞くと同時にユン・ドゥジュンの2人目のマネージャーが登場した。

2ンインのマネージャーの登場に出演者は驚き、室長は「2人だけで出かけたりしているみたいだが、自分には教えてくれない。会社の都合で放送に自分も出ることになった」と明らかにした。

この後、ユン・ドゥジュンが直接撮影した“放浪者”が公開された。意外なクオリティーに出演者たちは「カッコいい」と称賛しつつも「ホラーのようだ。キラーなの?」と言い、笑いを誘った。

これにユン・ドゥジュンは「ほんの少しの予告編だ」としたが室長は「寂寞だけが流れた。何を言いたいの分からないし、続作は作らないでほしい」と言い、チン・イクヒョンマネージャーは「すごく上手く作った」と満足感に浸った。ユン・ドゥジュンは「旅行が好きすぎて動画の制作を始めた。購読者のアクセス数が多いといいが、趣味としてしていることだ」と言った。

昼ごはんのホットドッグを食べた後にも撮影は続き、撮影が終わって初めてミニアルバムの録音のために移動した。移動中にもユン・ドゥジュンは軍隊の思い出にひたり、「軍隊にいると外の空気を吸いたくなるし、外にいると軍隊の空気を吸いたくなる」と話した。

録音室に到着してすぐに初ソロ曲の録音をはじめ、作曲家がトイレに行っている間に録音室にあった釣り台を見ながらマネージャーと放浪者コンセプトの撮影を思い浮かべた。録音の後、ユン・ドゥジュンはマネージャーとカンヌン(江陵)での放浪者撮影を始め、マネージャーは「目的地を決めずにふらっと出かける。それが放浪者の魅力だ」と明かした。

ユン・ドゥジュンは「今は会社の車だが、実は友達の車を借りて出かける。自分の趣味のせいでイクヒョンさんが大変ではないかと思っていたが、同じ意見だったので一緒に出かけている」と話した。

ユン・ドゥジュンは「撮影と編集を別の人に任せてみたらどうか」という室長の話に「そうすると普段の撮影と違いがなくなってしまいそうだ」と放浪者に対する愛情を見せた。マネージャーもまた「ドゥジュンと同じ考えだ。それが放浪者のコンセプトだから」と答えた。

カンヌンに行く途中で雨が降り始め、休憩所に入って天気を確認したユン・ドゥジュンは「うわ、なんだよ、この天気。寒いじゃん」とうろたえた。しかし、マネージャーはドローンを飛ばして最後まで希望を捨てずにいたが、結局何も映らなかった。

ユン・ドゥジュンは「撮影をするにはしたが、全部削除しないといけないと思う。幸いにも自分で撮影したものなので何も問題はない」と話した。

続いてイ・ヨンジャとマネージャーの日常が公開された。イ・ヨンジャはカンファド(江華島)に撮影に行ったと明くと話しながらヘアショップを訪れた。マネージャーに「あそこはおいしいお店がない」とクッパのお店をすすめた。イ・ヨンジャはメイクアップと髪の管理を受けながら「マネージャーさん、名前を忘れちゃったよ。呼ぶ前に来てくれるから」と話した。この時、マネージャーはクッパ店に到着し、出されたおかずを堪能していた。

イ・ヨンジャはおかっぱのかつらをつけて「小さい子たちと一緒に撮影する。少しでも若くみせなきゃ」と笑みを浮かべた。おかっぱに変身したイ・ヨンジャは「えっへん」と言いながらマネージャーの前に現れ、マネージャーは「もともとおかっぱみたいにかわいい」と言った。

マネージャーはクッパの感想をイ・ヨンジャに説明しつつ「さすが」と言いながら喜び、「マネージャーが自分がお店を紹介すると必ずそこで食事をする」と言った。マネージャーはこの日に撮影する食べ物“背カルビ(バックリブ)”に関して話し、これまでに撮影した食べ物について話し始めた。

イ・ヨンジャが作った食べ物が映像に映るとユン・ドゥジュンは「本当にあれを作ってくれるのか。自分も招待してくれ」と話した。イ・ヨンジャはマネージャーに「今日の背カルビも成功させなきゃ」とし、「こっそりよけておくから。サインを出したらおいで」と伝えた。

そして撮影場に到着したイ・ヨンジャはヤンニョム(タレ)がぎっしり詰まった装備を取り出し、マネージャーはヤンニョムの入れ物の型を作ったのは自分だと満足そうにした。この後、キム・スクと一緒に撮影をはじめ、出演者のN.Flyingが登場した。イ・ヨンジャはまず、ハモ36匹をもって出てきた。イ・ヨンジャは「淡水よりもハモのほうがおいしい」と説明した。

イ・ヨンジャはオリーブオイルとアボカドオイルを大型の鉄板にしき、ハモを焼き始めた。チョン・ヒョンムは「どれくらいのヤンニョムを持ち歩いているのか」と聞くと、イ・ヨンジャは「40〜50個くらいだ」と答えた。映像を見ていたユン・ドゥジュンは「うわ〜」と言いながらこの番組への出演意思を明かした。

N.Flyingのジェヒョンはウナギを1匹そのまま食べてみようとしたが大きすぎてすべてを口に入れることが出来なかった。しかし、味見しただけでも幸せそうにした。イ・ヨンジャはウナギが焦げたと言いながら、焦げたといううなぎをマネージャーに渡しつつ「キム・スクのマネージャーと一緒に食べて」と言って場を和ませた。

この後、NU’ESTが撮影場に登場した。ジョンヒョンを見るとイ・ヨンジャは笑みを浮かべて「私が死んだら遺産は全部あなたにあげる」と愛情を表現した。イ・ヨンジャはマネージャーを紹介しながら「あなたたちのダンスを真似する」と言い、「難しいダンスをしてみせて」とお願いした。

これにレンが出てきてパッピングを披露し、マネージャーも情熱のこもったパッピングを披露して笑いを誘った。イ・ヨンジャはNU’ESTのためにヤンニョムカンジャン背カルビを準備した。マネージャーはイ・ヨンジャの姿に「最近、自分は料理研究家のマネージャーみたいだ」と言うと、イ・ヨンジャは「芸能大賞よりも今がもっと幸せだ」と言った。

料理を食べたNU’ESTのメンバーたちは美味しそうに背かるびを吟味し、その間にマネージャーは「放送には出ないけれど、食後のデザートを用意した」として用意しておいたスイカを持ってきた。ウェブバラエティの撮影が終わるとイ・ヨンジャはスイカを食べようと言ってジョンヒョンを呼び、ジョンヒョンはお礼を言ってスイカをおいしく食べた。

この後、NU’ESTは現場を去り、イ・ヨンジャとマネージャーの2人だけが残ってスイカを食べながら楽しい時間をすごした。

WOW!korea提供

  • 出産切迫ユルヒ、チェ・ミンファン(FTISLAND)の双子の性別初公開「家事する男たち2」
  • カン・ダニエル「全知的おせっかい視点」に出撃…マネジャー“僕を見ると笑う”歴代級のブロマンスを予告!
  • BTOBユク・ソンジェ、“BTOB、バンドデビュー準備したが、CNBLUEデビュー後白紙に”「全知的おせっかい視点」
  • BTOBソ・ウングァン、入隊前のユク・ソンジェにイム・ヒョンシクと最後の晩餐「全知的おせっかい視点」
  • 2020.07.05

    blank