【時代劇が面白い】トンイと張禧嬪のライバル物語1「最初のエピソード」

 

元子の指名を高官が大反対
張禧嬪は1688年10月に、粛宗が待望した息子を産みます。それが、後に20代王になる景宗(キョンジョン)です。
生まれてから2カ月半後に、粛宗は、長男を「元子(ウォンジャ)」にしたいと言いました。本来、王の正式な後継者は「世子(セジャ)」なのですが、多くは5歳くらいのときに指名されます。それ以前に、世子になる筆頭候補が元子なのです。
粛宗は、「生まれたばかりの長男を元子にしたい」と宣言しますが、高官たちから「それはなりません。仁顕王后はまだ若くて子供を生む可能性があるのに、なぜ、側室が産んだ息子をいきなり元子にするのですか」と大反対されました。

もし仁顕王后に息子ができた場合、正室が産んだ嫡男が世子になれないという事態になってしまいます。高官が反対するのは当然のことです。
ところが粛宗は、「余が決めたことだから」と強引に押し切ってしまいます。
(第2回に続く)

文=康 熙奉(カン ヒボン)

 

トンイが王子を産んでから後継者争いが激しくなった!

『トンイ』の主人公の淑嬪・崔氏(スクピン・チェシ)とは?

西人派と南人派の争いの中でトンイはどんな役割を果たしたか

トンイは王宮の裏でどのように暗躍したのか

トンイはなぜチャン・ヒビンの死後に粛宗から冷遇されたのか

コラム提供:韓流テスギ

http://tesugi.com/

2020.06.23

blank