「イベントレポ」JYJ、日本ドームツアー終了!列島を熱狂させた!

201412250930773425_549b5ef695544JYJが福岡のファンたちの熱い歓喜を受け、日本ドームツアーのフィナーレを迎えた。

C-Jesエンターテイメントは 「JYJが、23日、24日の両日、福岡ヤフオクドームで日本ドームツアーのフィナーレ舞台を持った。二日間、福岡ドームの会場は、JYJの2014年のドームツアー最後の公演を共に迎えるために集まったファンで埋め尽くされ、JYJは完璧なライブコンサートでファンを魅了した。11月の東京ドーム公演を皮切りに、大阪、福岡まで、のべ24万人のファンを集め、日本での健在な人気を誇示したJYJは、福岡公演で華麗なフィナーレを飾り、クリスマスイブを熱くした。」と明らかにした。

 

日本ドームツアーのフィナーレの舞台は、公演会場をいっぱいに埋めたファンたちの爆発的な歓声で開始された。パワフルなダンス曲で派手なオープニング舞台を開いたJYJは、 「ドームツアー最後の公演にすべてのエネルギーを注ぎます。皆さん、楽しむ準備はOKですか?」というコメントで雰囲気を盛り上げた。 JYJは2010年に発売したワールドワイドアルバムから今年の夏に発売した正規2集「JUST US」収録曲までジャンル問わず、舞台に視線をひきつけた。キム·ジェジュンの「Ultra Soul」、パク·ユチョンの「最愛」、キム·ジュンスの「Story」など、ファンのために日本語の歌もプレゼントした。

 

24日の公演では、クリスマスイブを迎え、JYJがファンのためのサプライズイベントを準備した。公演中盤のバラード曲「SO SO」の舞台で、異なるクリスマス衣装を着てファンを驚かせた。クリスマスの衣装を着たJYJが舞台に登場するやいなや、ファンは大きく歓喜し、会場の雰囲気は最高潮に達した。また、来る1月21日に発売を確定した日本のシングル収録曲「Wake me tonight」まで披露し、3時間を越えるライブで、福岡ドームの会場を赤く染めたファンに、幻想的な舞台をプレゼントした。

201412250930773425_549b5f692afd9

今回のドームツアーでは、これまで以上にファンと近くで疎通しようとするJYJの努力が目立った。 JYJはファンと冗談を言いながら、お互いの距離を縮めていき、日本での初恋の話、流行していたギャグなどを披露し和気あいあいとした雰囲気を続けた。それだけでなく、舞台に立つときの幸せ、メンバーとの大切な思い出、自分たちの音楽の話など真摯な対話などを通じ、10年という長い時間、そばで応援してくれたファンと率直な対話を交わし、意義深い時間を過ごした。
JYJは、3人のハーモニーが引き立つアカペラ舞台でファンを熱狂させもしたし、セクシーでパワーあふれる群舞を披露し、変わるもののいないアーティストとしての魅力を誇示した。 JYJの情熱に報いるようにドームをいっぱいに満たしたファンは、彼らのステージに熱く歓呼し、満喫する姿でJYJの思いに応じた。

 

JYJはショーの最後に、ドームツアーフィナーレの物足りなさを伝えて目頭を赤くした。 「時間がこのまま止まってしまったらいいなと思うくらいとても幸せだ。この段階で、皆さんにお会いできてとても良かったし、これからもこの思い出を忘れることができない。ドームツアーでは、皆さんの愛を感じることができて、たくさんのエネルギーを持って帰る」という心からコメントでファンをもう一度感動させた。

 

福岡会場で会った日本のファンのぞみ(24)は、「福岡公演だけを待ってきたが、あまりにも幸せな時間だった。特にファンのためのイベントでクリスマスの服を着たまま舞台に立ったJYJの姿は、一生忘れられない思い出になった。 JYJ、本当にありがとう」と伝えた。さつき(30)は「最初の曲を聴いた瞬間から涙が出た。 5年ぶりにJYJが福岡の舞台に立った姿に会うことができて、幸せそのものだった。ファンと一緒に笑って話をするJYJ、サンタ服を着て歌うJYJ、そのどの瞬間も逃すことができない最高の公演だった。」と満足感を表した。

 

11月から東京、大阪、福岡ドームツアーでのべ24万人のファンと共にしたJYJが、日本で初めて発売するシングル「Wake me tonight」は、来る1月21日に発売される。

<写真>C-Jesエンターテイメント提供

2014.12.25

blank