【全文】ラッパーGIRIBOY、元慰安婦嘲笑に謝罪…「意図は無い、愚かな行動申し訳ありません」

【全文】ラッパーGIRIBOY、元慰安婦嘲笑に謝罪…「意図は無い、愚かな行動申し訳ありません」

ラッパーGIRIBOYが元慰安婦イ・ヨンスさんと関連し嘲笑議論に直接謝罪した。

GIRIBOYは28日SNSに、イ・ヨンスさんの記者会見を伝えるニュースの画面をキャプチャして記録した。イ・ヨンスさんの姿が二人の司会者の間に登場した画面に「アンカー3人かと」と書いて議論を巻き起こした。

GIRIBOYは前日の27日にも「Tiktok stage with hiphop player」の公演で誠意の見えない公演を広げて批判を受けた。

以下はGIRIBOYの謝罪文全文

最近多くの文章がとても怖く回避しようとしたが、私の愚かな行動の代償を受け入れ、避けないよう文を書きます。

最近起こったすべてのことに心配をおかけして申し訳ありません。とても軽く考えて、多くの人々が見ている私のSNSにも考えずに軽率に文を載せたことをお詫び申し上げます。

全く嘲笑をする意図はなく、普段ニュースを時々見たりするのに何も考えず文を載せたがどのような内容なのか見て文章をすぐに削除しました。

普段から私は愚かで考えのない行動をよくしたりします。相談もして、薬の処方を受けて飲み、活動的に生活をしようとの運動もして、普通の人とも調和したかったが、線を越えて行き過ぎた私の行動と私のすべての愚かな行動…言い訳になるか分からないですが、私はすごく努力していたんですよ…意欲があふれて弾けてしまったようです。これからもう少し考えて行動します。
気分を悪くされた方に分別のない私の行動のせいで申し訳ないという言葉をいいたいです。

私の分別のない行動に心配かけた会社の方、私と一緒に仕事を進行中のすべての関係者、知人たち、私のファンの方々と、私の文に不快感を感じたすべての方々に心からお詫び申し上げます。あまりにも一人で生きている人だからか、私の周辺の方々と私を見てくださるすべての方々に申し訳ないという言葉をお届けしたい。そしておばあちゃんの大変な歩みを応援します!そして、とても申し訳ありません。


最大限丁寧に文章を書きたく、誤った文章とスペルの修正進めてまいります。最後にTiktok公演の時、大変な時期にみんなファイティンしようという意味で最後の曲をあのようにしたが、私が私の映像をモニターをしても…見られないです…

この部分でも、私の判断ミスだったと思います。待ってくださったのに失望させてしまい申し訳ありませんし…

これから心と身体と行動、ライブを一生懸命トレーニングし、素敵な人になります。心から申し訳ありません。

WOW!korea提供

 

  • 女優パク・ミニョンやGIRIBOYら、多くの芸能人が故ク・ハラを哀悼
  • ジェシカ X Giriboy、きょう初コラボ曲を発表
  • GIRIBOY vs J’Kyun、「SHOW ME THE MONEY 8」での人脈審査問題を巡り舌戦対決に
  • 東方神起ユンホ、GIRIBOYとの2ショット公開!“ドキドキもう明日”
  • 2020.05.29

    blank