<トレンドブログ>【グラビア】ハ・ソクジン“「芸能人じゃないみたい」とよく言われる...自由でいたい”

俳優ハ・ソクジンのいたずら心あふれるグラビアと、率直で大胆なインタビューが公開されました。

ホテルの部屋で一人で遊ぶコンセプトに進行された今回のグラビアでは、シェービングフォームをつけてポパイのような前腕筋を自慢したり、ビールを振って泡を出したり、床に横になって寝るなど、スマートなエリートのイメージを反転させるちょっと変わった魅力を見せました。

続いたインタビューでハ・ソクジンは「演技に対する情熱ぐらい重要なのが生業として演技という労働に対する態度だ。 さわやかで安らかな態度で現場で楽しむことができて、スタッフらとよくコミュニケーションして、あの人と仕事をすると良かったとの後日談が聞こえてくるような俳優にならなくちゃ。 一緒にする仕事だからです」とし、俳優として印象的な職業観を語りました。

引き続き彼は「『ハ・ソクジンは芸能人じゃないみたい』とよく言われる」と明らかにして、「ところで芸能人のようなのが何か? 芸能人のようでなければならないのか?」と、反問しました。 「その意味がいいことなのか悪いことなのか分からないですが、僕の活動半径の中では神経を使わない。 運動に行く時も適当にジャージを着て行ったり。 僕がよく行く場所、活動半径の中だけは自由になりたい。 戌年だからそうだろうか」と、気さくでウィットあるように答えました。

現在、撮影中であるドラマ「私がいちばんキレイだった時」でラリードライバーの役を演じるハ・ソクジンは、運転実力に対して「実生活では結構する。 駐車の達人だと言われる。 車とほとんど一体のようだ。 空間知覚能力が高いほう」としながら笑いました。

一方彼は「料理を習うのを好きだ。 ブッフ・ブルギニョン(牛肉のブルゴーニュ風)のようなものも作るが、ひとりご飯を作るのが効率性が良くない。 背骨の蒸し物を作って4日間食べてから、やりたくなくなった。 清掃、洗濯も上手にする。 若い女性だけいればいい」と、笑ってプロ級の家事の腕を誇りました。

ハ・ソクジンの全体グラビアと率直なインタビュー全文は「ARENA HOMME+」6月号で会うことができます。

WOW!Korea提供

韓国の最新トレンドを紹介するブログ | コリトピ

 

  • 【トピック】俳優ハ・ソクジン、“アイドルのような気分”にしてくれたファンに感謝
  • <トレンドブログ>俳優ハ・ソクジン、イケメンからユーモラスな表情まで“アイドルのような気分にしてくれたファンたちに感謝”
  • 俳優ハ・ソクジン、「愛の不時着」でヒョンビンの実兄役?…”分量よりキャラクター”
  • 俳優ハ・ソクジン、”ドラマのキャラクターを通じて「人間ハ・ソクジン」としても成長したい”
  • 2020.05.22

    blank