整備廠の開発から"BTS(防弾少年団)効果"まで…龍山の活性化に期待

ソウル・ヨンサン(龍山)区にいいニュースが続いている。長い間放置された整備廠(しょう)の敷地が住宅・国際商業地区として開発されるという発表と共に、人気グループBTS(防弾少年団)のBig Hitエンターテインメントの社屋移転時期が近づく中、近辺の商圏活性化への期待が高まってきている。

21日、不動産業界によると、Big Hitエンターテインメントは早ければ今年下半期か来年初めにヨンサン(龍山)トレードセンター(YTC)に入居することがわかった。

Big Hitエンターテインメントとその関連会社は、地下7階から地上19階まで26階建ての建物全体を賃貸し使用する予定である。新社屋には様々な関連会社のための施設を準備し、ファンたちと疎通することができる特別な空間も準備する予定である。

K-POP企画会社の社屋には通常、所属歌手の関連商品の売り場や多様に楽しめるスポットなどが設けられる。国内ファンは勿論のこと外国人観光客にも人気ある場所だ。

ヨンサンでは初となる芸能企画事務所移転のニュースに、近辺の商圏も期待が高まっている。特にヨンサン駅・新ヨンサン駅の一帯は、KTXや空港鉄道、地下鉄などの交通の中心でありアクセスも優れている。

商店街情報研究所のチョ・ヒョンテク研究員は、「ヨンサンは以前から発展した都心」としながらも、「社屋移転が予定されているYTCの近隣は、ヨンサン駅・新ヨンサン駅に対して、相対的に発展度が低い状況だ」と説明した。

続いて「企画事務所ごとに状況は異なるが、SMエンターテインメントの場合、社屋の1階でカフェを運営しファンたちが流入している」とし、「もしBig Hitエンターテインメントも社屋の一部にファンのためのスペースを設けるなど開放的に運営すれば、近辺の商圏活性化に役立つだろう」と述べた。

最近ヨンサンは、政府の発表に基づき開発への期待が高まっている。これに先がけ国土交通省は6日、ソウル・ヨンサン整備廠敷地(面積約51万㎡)を開発し、8000世帯の住宅や国際業務、商業施設などを造成すると発表した。

 

BTS(防弾少年団)、現代車グローバル水素キャンペーン特別映像視聴1億回突破

・BTS(防弾少年団)、七星サイダーと共にした「New Flavor」広告公開(動画あり)

・【トピック】「BTS(防弾少年団)」のレモナ効果か…キョンナム製薬、売上高前年比74%上昇

・BTS(防弾少年団)ジン、アイドルチャート4月の寄付スターに

2020.05.21

blank