世宗を最高の名君にした訓民正音(フンミンジョンウム)の創製!

ハングルの基となったのが、4代王・世宗(セジョン)が1443年に完成させた「訓民正音(フンミンジョンウム)」である。しかし、なぜかその創製過程に関する動きは一切記録されていない。漢字を使わない新しい文字創製に、公然と反対する勢力も多かったというのだが……。

 

民族固有の文字
1418年に即位した4代王・世宗(セジョン)。
彼は、身分の高低にかかわらず、能力や才能がある人材を積極的に登用した。その結果、王の周りには有能な人材が集まった。
世宗はその中でも優秀な者を選別し、より能力を磨けるように集賢殿(チプピョンジョン)という研究施設を作った。
世宗から信頼を寄せられた集賢殿の学者たちは、その期待に大いに応えた。
とにかく、国王としての世宗には業績が多いが、その中でもひときわ輝いているのが、固有の文字「訓民正音(フンミンジョンウム)」の創製だ。

当時、中国大陸から伝わった漢字を使いこなせるのは、一部の知識層に限られていた。しかも、漢字では話し言葉を完全に文字にすることはできず、庶民は日常で使える文字を持っていなかった。
(ページ2続く)

2020.05.19