モデル出身俳優パク・ジフン、胃がん闘病の末に11日死去=享年32歳

モデル出身俳優パク・ジフン、胃がん闘病の末に11日死去=享年32歳

韓国のモデル出身俳優パク・ジフンが、胃がん闘病中だったが、去る11日にこの世を去ったことが遅れてわかった。享年32歳。

遺族は15日、パク・ジフンのSNSを通じて死去したことを伝えた。

遺族は「連絡できない方々がいらっしゃるのではないかと心配になり、文章を掲載します。新型コロナウイルスの感染拡大にもかかわらず、温かい慰労と激励を送ってくださったことに深く感謝いたします。おかげさまで、私の弟を天国へ無事に見送ることができました。私だけでなく、私の家族にも本当に大きな力になりました。忘れずに記憶します」という文を残した。

続けて「常に新型コロナウイルスに気を付けて、いつも元気でいてください。改めて深い感謝の意をお伝えします」と付け加えた。

故パク・ジフンは胃がん闘病の末、32歳の若さで死亡した。故パク・ジフンの三虞祭(サムウジェ、葬儀終了後3日目の祭祀)が同日午後5時、イルサン(一山)プルンソル追慕公園で営まれる。

故パク・ジフンは雑誌モデル出身の俳優で、2017年に放送されたtvNドラマ「シカゴ・タイプライター 〜時を越えてきみを想う〜」に出演した。

WOW!korea提供

  • 女優チョン・ユミ、ドラマ「品位のある彼女」に特別出演へ
  • 韓国ドラマ「ランジェリー少女時代」1話
  • 女優キム・ドヨン、3か月で23kg減量…ダイエット法に関心高まる
  • ドラマ「番人」5話
  • 2020.05.15

    blank