元「MONSTA X」ウォノ、米有名マネジメント社「MAVERICK」と契約

元「MONSTA X」ウォノ、米有名マネジメント社「MAVERICK」と契約

韓国アイドルグループ「MONSTA X」出身の歌手ウォノが米国の有名マネジメント会社「MAVERICK」と契約を結んだことがわかった。

所属事務所HIGHLINEエンターテインメントは7日「ウォノが最近、米国の専門的な音楽ビジネスマネジメント会社MAVERICKとマネジメント契約を結んだ」と伝えた。

特にウォノが魅力的なボーカル、優れた作詞・作曲・プロデュース力を兼ね備えているだけに、MAVERICKと共に米国現地のプロデューサーらとのコラボレーションを通じて、新たな音楽的シナジー効果を出す予定であり、MAVERICKもウォノのグローバル活動を多角的に支援する計画だ。

MAVERICKは1992年、世界的ミュージシャンのマドンナが設立した会社で、2014年にLive Nationとパートナーシップ締結で音楽マネジメントグループとして生まれ変わった。「エアロスミス」やアンドレア・ボチェッリ、ブリトニー・スピアーズ、マドンナ、リル・ウェイン、ポール・マッカートニー、「U2」、The Weekndなどが主要アーティストとして所属している。

先立って、HIGHLINEエンターテインメントと専属契約を締結して公式SNSをオープン。ソロアーティストとしての活動を予告したウォノはこれと共に、米国の有名音楽マネジメント会社と契約を交わし、グローバルな活動を続ける見通しだ。

ウォノはこれを皮切りにソロアーティストとして幅広い活動を続けていく。

WOW!korea提供

 

元「MONSTA X」ウォノ、“ファンの呼び方”が話題に

・元「MONSTA X」ウォノ、ハイラインエンタと専属契約=ソロアーティストとして活動へ

・「MONSTA X」ウォノ脱退後6人組…THE SHOW1位獲得後、現場の雰囲気は?

・脱退発表した「MONSTA X」ウォノ、「失望させて申し訳ない」=直筆の手紙で謝罪

2020.05.07

blank