中宗(チュンジョン)は王としてどんな人生を歩んだのか?

朝鮮王朝の11代王だった中宗(チュンジョン)は1488年に生まれた。父は9代王・成宗(ソンジョン)で、母は貞顕(チョンヒョン)王后だった。中宗は『宮廷女官 チャングムの誓い』でもおなじみの国王である。

 

赤いチマ岩の伝説
◆中宗は、王子の時代に晋城大君(チンソンデグン)と呼ばれていた。暴君として有名な燕山君(ヨンサングン)の異母弟であり、本人は「とうてい王になれるわけがない」と思い込んでいた。それだけに、王子としてのんびりした生活を送っていた。ただし、燕山君によくいじめられていたので、その点では苦しい思いをしていた。

◆1506年、あまりにひどい政治を続けていた燕山君が、家臣たちによってクーデターを起こされて王宮を追われた。クーデターを成功させた高官たちは、代わりの王を擁立する必要があった。白羽の矢が立ったのが晋城大君である。しかし、晋城大君は王になることを拒絶した。自信がなかったのである。

◆即位を強硬に拒んだ晋城大君。しかし、最後まで断り続けることができず、彼は11代王・中宗として即位することになった。

◆中宗の正妻は端敬(タンギョン)王后となった。「仲睦まじい夫婦」として王宮でも評判だった。ところが、端敬王后の父が燕山君の側近であり、端敬王后の叔母が燕山君の正室であったことから、高官たちは中宗に王妃と離縁するよう迫った。高官たちの強硬な意見を受け入れてきた中宗だが、妻の離縁だけは絶対に同意するわけにはいかなかった。

◆中宗は愛妻を守るために、何度も高官たちと話し合った。しかし、その願いは届かず、高官たちに従わざるをえなかった。離縁しなければ端敬王后を「殺害すべき」という仰天発言まで出てしまい、中宗は仕方なく受け入れたのである。その結果、端敬王后は庶民に格下げとなり、宮中から追放されてしまった。

◆中宗は端敬王后のことが忘れられなかった。彼は、遠くを見渡せるようにと王宮の一番高い場所へ上がっていき、端敬王后が住んでいる方向を眺めてはため息をもらした。中宗の未練が世間の噂になり、端敬王后の耳にも届いた。彼女は自宅の裏山の岩の上に、よく身に着けていた紅色のチマ(スカート)を広げた。中宗はそのチマをかすかに見て、「元気で暮らしている」と安堵した。この話は「赤いチマ岩の伝説」として、後世でも語り継がれた。
(ページ2に続く)

中宗(チュンジョン)は結局は「代理の王」だったのか

中宗(チュンジョン)はなぜ文定(ムンジョン)王后の悪行を止めなかった?

挫折の多かった中宗(チュンジョン)の国王人生!

中宗(チュンジョン)は時代劇で立派に描かれるが実際はダメな国王だった!

文定王后(ムンジョンワンフ)は本当に国王を毒殺したのか

2020.05.05