【時代劇が面白い】安平大君(アンピョンデグン)はどういう人物だったのか

1453年の政変
首陽大君側は安平大君が金宗瑞の側近を通じて北方の武器を密かに都へ運んでいるという噂を流した。
果たして、これは事実だろうか。
もしも安平大君が反逆を企んでいて、金宗瑞ら大臣たちがそれに同調していたとしたら、ことは簡単だったはずだ。すでに権力を掌握している彼らだけに、首陽大君を含む反対勢力を除去するのも難しいことではなかったのだ。
つまり、首陽大君側はあらぬ噂を広めようとしただけだった。
それよりも、安平大君と金宗瑞が迂闊(うかつ)だったのは、「首陽大君が父である世宗の意思にそむいて甥の端宗から王位を奪う」とは考えていなかったことだ。
しかし、現実は違った。
首陽大君は1453年にクーデターを起こして、金宗瑞と同調する大臣たちを排除した。その上で、安平大君を反逆の首謀者に仕立てあげた。

結局、安平大君は流罪にされた末に死罪となった。
安平大君の素晴らしい才能を国や民衆のために生かせば、どんなに良かったことか。彼自身もさぞかし無念であったことだろう。

コラム提供:ロコレ
http://syukakusha.com/

 

『不滅の恋人』歴史解説!首陽大君は安平大君をなぜ死罪にしたか

『不滅の恋人』が描く時代の史実はどうだった?

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(7代王・世祖編)

世祖(セジョ)はなぜ朝鮮王朝でも評判が悪いのか

晩年に悲劇続きだった世祖(セジョ)は因果応報だったのか

2020.05.02

blank