「MBLAQ」ミル、2メンバーの脱退に心境明かす 「不仲ではない」

「MBLAQ」ミル、2メンバーの脱退に心境明かす 「不仲ではない」

韓国アイドルグループ「MBLAQ」のイ・ジュンとチョンドゥンが脱退を発表した中、メンバーのミルが立場を明かした。

ミル(MBLAQ)は16日、「MBLAQ」の公式ファンカフェ(公式サイト)に「こんにちは、ミルです」との書き出しで、2メンバーの脱退について自身の思いを明かした。

同文書でミルは「どんな言葉から始めるべきかわかりません。突然、良くない報告をしなければならなかった点、申し訳ないです」としながら、「皆さんへどのように話したらよいか悩んでいたところ、記事を読み、僕たちもとても驚きました。まず、僕たちの口からではなく、外部の人からニュースが伝わってしまった点を謝罪したいです」とし、ファンへ謝罪の意を明かした。

「本人たちが自ら選択した道なのだから、(僕が)悪く思っていることもありません。ましてや、不仲説というあり得ない理由でもありません」としたミルは「練習生時代から6年間、心は一緒です。ただ、選択が異なっただけ」とし、イ・ジュンとチョンドゥンのグループ脱退に対する思いを明らかにした。

mblaq_141216

ミルは「いまも、スマートフォンを握っていても、文書さえ書くことができません。本当に申し訳ないという言葉しか思い浮かばず、近日中にすべてを整理したら、メンバーたちと戻ってきます」とし、無念さを露わにした。

これを前に本日午前、イ・ジュンとチョンドゥンは法務法人を通して「株式会社J.Tune Campとの専属契約とMBLAQとしての活動などが、11月末のコンサートをもって終了した」と発表。その後、事務所側は3人体制で「MBLAQ」を継続させていくことを明かした。

2014.12.16

blank