韓国の食べ方は日本とは大きく違っているが具体的には何?

仲間意識が大事

韓国で食事するときに取り皿を使わないのは、「ウリ(私たち)意識」という連帯感によるものです。
韓国人はお互いの仲間意識を重んじる傾向が強く、韓国を「ウリナラ(私たちの国)」、韓国語を「ウリマル(私たちの言葉)」と呼んだりもします。
食事については、他にも相手との親密さを確かめるような習慣があります。
親しい間柄になると、相手に断りもなく横から箸を出して相手のご飯を食べたり、「アンニョンハセヨ」のあいさつの代わりに、「パンモゴッソヨ(ご飯を食べましたか?)」と声を掛けたり……。

最近の韓国では、外国人を自宅の食事に招待するときは取り皿を準備してあげたり、レストランでもお客が外国人だとわかると取り皿を出すお店が増えています。でも、せっかくの機会ですので、韓国の人と食事をする際は、その食事作法に従って1つのおかずや鍋をみんなでつっついてください。
それが、お互いの距離感を縮めることにつながります。

文=「ロコレ」編集部

韓流の第3次ブームは果たしていつまで続く?

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

2020.03.29

blank