防弾少年団(BTS)ジミン…個人ブランド評判分析結果で1位

ボーイズグループの個人ブランド評判2020年3月のビッグデータ分析結果の1位は、防弾少年団ジミンが占めた。2位は防弾少年団ジョングク、3位は防弾少年団Vだった。
韓国企業評判研究所は、ボーイズグループ個人ブランド評判ビッグデータ分析のために、2月19日から3月20日までボーイズグループ個人598人のブランドビッグデータで1億793万9793個を抽出して、ボーイズグループ個人ブランドに対する消費者行動分析で作った参加指数、メディア指数、疎通指数、コミュニティ指数でブランド評判指数を分析した。2020年2月のボーイズグループ個人ブランド評判ビッグデータ1億688万619個と比べると0.99%増加した。

2020年3月ボーイズグループ個人ブランド評判30位の順位は、防弾少年団ジミン、防弾少年団ジョングク、防弾少年団V、防弾少年団SUGA、防弾少年団RM、防弾少年団ジン、ASTROチャ・ウヌ、WINNERカン・スンユン、防弾少年団J-HOPE、CNBLUEジョン・ヨンファ、FTISLANDチェ・ミンファン、BIGBANG G-DRAGON、BTOBユク・ソンジェ、EXOシウミン、EXOスホ、EXOペクヒョン、VIXXラビ、EXOカイ、NCTジェヒョン、EXOチャンヨル、VIXXホンビン、SUPER JUNIORシンドン、VICTONハン・スンウ、NCTマーク、SF9ロウン、WINNERソン・ミノ、NU’ESTミンヒョン、EXOチェン、BIGBANG SOL、NCTテヨンの順だ。

関係者は「ボーイズグループ個人ブランド評判1位を記録した防弾少年団ジミンのブランドは、リンク分析で『証明する、強力だ、突破する』が高く、キーワード分析では『フィルター、ON、フェイクラブ』が高かった。肯否定比率分析では、肯定の割合が92.08%」と分析した。

  • 防弾少年団(BTS)、4週連続で「ショー音楽中心」1位… 15冠獲得
  • 防弾少年団(BTS)、3月ボーイズグループブランド評判“1位→6位”独占
  • 防弾少年団(BTS)ジョングク「G.C.F in Tokyo」、防弾テレビYouTube再生回数2000万回突破
  • 「防弾少年団(BTS)」、「MUSIC BANK」出演なしで1位…「NCT127」は「英雄」に変身…キム・セジョン&「VICTON」カムバック
  • 2020.03.21

    blank